暮らしと仕事

「牛乳って臭みがあったんだ?」と気付かされた「東毛酪農のみんなの牛乳」の美味しさについて

こんにちは。

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回はなぜか「牛乳」について。

牛乳と言えば、苦手な人とそうでない人、あるいは好きな人に分かれますかね?

特に牛乳は飲めるけど別に好きでもない、という方の場合、味って気になったことあります?

「臭み」に気付いたことあります?

私はなかったんです!!

それなのに、東毛酪農さんの「みんなの牛乳」を飲んだら生まれて初めて「今まで飲んでた牛乳って臭みがあったのか!?」て気付いてしまったんです。

※注意※

今からご紹介する内容は「牛乳が苦手だけど、これなら飲めたよ!」という話ではありません。

牛乳普通に飲めるし、特にこだわりはないけど、味の違いがわかるから是非飲んでみて、という話です。

東毛酪農さんの「みんなの牛乳」

「子供たちに飲んで欲しい!」お母さんの願いを形にした

安全で、安心な本物の牛乳を子供たちに飲ませたいというお母さんの皆さんと、東毛酪農の共同勉強会から生まれた牛乳です。

「TOMO酪農HPより引用」

 

安心、安全な牛乳ということですね。

て、全然知らなかった。こんなちゃんとした牛乳だなんて・・・。

 

東毛酪農さんのこだわり

①餌は完全NON-GMO:NON-GMOとは、遺伝子組み換えをしていないということ。

しかも、餌の70%は自給しているそうです!いや、普通にすごい。

②11戸の組合生産者だけの生乳を使用し作っている

組合では27年前より低温殺菌牛乳に取り組んできた為、一般の基準値をはるかに超えた独自基準での生乳作りが生産者に根付いています。

「TOMO酪農HPより引用」

 

③63℃30分低温殺菌:成分の変化をおさえるため、63℃30分間、ゆっくり殺菌されている為、生乳の成分が生きている。

現在市場に出回っている牛乳の95%以上に採用されている超高温瞬間殺菌は大量生産に向いている殺菌方法なのですが、高い熱を加えることによって有害菌はもとより有用菌まで死滅させてしまいます。更にカルシウムやたんぱく質は高温によって熱変性を起こすため、今まで牛乳のコクと誤解されていた後口の悪いネバ付が発生してしまいます。
また、超高温殺菌することにより、生乳の風味が損なわれてしまいます。牛乳がくさいといわれるのは、本来牛乳がくさいわけではなく、超高温殺菌によりたんぱく質等が焦げ、その臭いがするからなのです。

「TOMO酪農HPより引用」

 

私達がよく飲む市販の牛乳は高温殺菌された牛乳ですが、有害な菌だけでなくいい菌まで殺してしまう、ということは栄養が減っているということですよね?

また、私が感じたあの臭みはタンパク質が変化してしまったためにできる臭みなんですね。タンパク質って焦げるんだ・・・。

ノンホモジナイズド

初めて目にする言葉です。

これ、簡単に言ってしまうと、市販の牛乳などで行われている高温殺菌の処理の過程(ホモジナイズド)でして、乳脂肪が牛乳を作っている配管の中で固まらないようにするらしいです。

「みんなの牛乳」ではこの「ホモジナイズド」を行っていないんです。

では、それを行わないというとどうなるのか?

静置しておくと脂肪分が上面に浮き、クリームラインと呼ばれる天然の生クリームの層ができます。これは決して腐敗ではありません。クリームが浮かぶような牛乳なら、ホエータンパク質も生きているという証明になるのです。牛乳は本来クリームが浮く物でホモジナイズしないのが最も生乳に近いのです。

「TOMO酪農HPより引用」

そう、生乳に近い牛乳!!

36℃30分間の低温殺菌もこのために必要だったのです。

そして個人的にすごく興味があるのがコレ!

HPで紹介されていたんですが、この脂肪分(クリーム)をコーヒーに入れるというのがすごい興味ある!

絶対美味しいはず!

しかも、瓶かなんかに入れて30分振り続けるとバターもできるらしい。

もう、ハイジの世界だよ~!

飲んでみた感想

ここで改めて感想を。

きっかけでありわざわざブログで紹介したいと思うくらいでしたので言いたい!

一言で言うと「臭みがない」んです!

正直、私は牛乳が平気なタイプでそのままでも飲めるし、乳製品は生クリームを除けば大体は好き。

そのうえ、こだわりもない。

なのに、この「みんなの牛乳」を飲んだ時に、「今まで飲んでた牛乳って臭みがあったんだ・・・」て初めて知った感じ。

比較するものが現れて初めて知ることでできたんです!

飲んだ感じもサラッとしているんです。

これまでの市販の牛乳に慣れているとこのサラッと感と臭みのない感じが衝撃ですよ!!

「牛乳って・・・」て、違う牛乳の世界に行っちゃった感じ。オーバーに言っているんじゃなくて💦

そこで、パッケージを見てみたらちゃんとこだわって作られていた、ということなんですね。

最後に

いただきもので初めて口にしたんですが、本当に「うわっ」と思うくらい舌ざわりや風味が違ったんです。

そこから「誰かに教えたい!!」て思ってブログにあげることになったんですが、HPを見てみてびっくり。

すごい充実しているんです。

専門的なことが詳しく書かれているし、わかりやすい。

そして、いかに安全、安心を大事にしているかが伝わってくる。

私、東毛酪農さんの回し者じゃないないですよ(笑)

なにしろ、漢字の読み方がわからなかったくらいですからね💦

ただ、牛乳をこんなにゴクゴク飲めるくらいに美味しいと感じたうえに、体のことを考えて作られていたという事実を知ってすごく嬉しいです。

都内の自然派食品のお店で見かけたと家族が言ってましたが定かではありません。

ただ、HPがあり、販売ページもありました。

ご紹介しておきますね。

東毛酪農WEBショップ

ちなみに、今回私が購入した牛乳について詳細はコチラ↓↓↓※2019年10月1日現在

商品名:東毛酪農みんなの牛乳

種別:牛乳

価格:410円(税込451円)

内容量:1000ml

カロリー:65kcal(100g当り)

カマンベールチーズも美味しかったです~💛

 

こちらの記事もおススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください