転職多めで倍率高くても通る履歴書

私、転職多いんです・・・。

もう、職歴欄書ききれないくらい・・・。

なんでこんなこと書いてるかというと、また、転職を考えてるから。

というか、会社が危なそうだから!

世は景気も上向いてるというのに、なんでうちの会社だけ・・・

て、理由は分かってる。社長に経営能力がないから。

本人もわかってるんですよ。でも、やりたいんだって。なんなの?一体。

 

 

スポンサーリンク

通る履歴書

正直、20代ではよく転職してしまいました。でも、30代手前から「イヤだからとか飽きたからという不満で転職するのはやめる」と決めまして。(すみません・・・お恥ずかしい)

 

ただ、私、結構な倍率でも通るんですよ。

(もちろん中小ですけどね💦)

 

自分が気を付けていたのは以下の3点のみ。

①写真は写真屋さんで撮る

まず、履歴書ですが、これ、色々言うけど「写真」が一番大事ですね

前に人事で採用関係の仕事をしていたんですが、そこの課長が言ってたんです。

「写真をスピード写真で撮るやつはとらない」と。

そこまで重要!?なんて思ってたけど、確かに、沢山の応募書類を見てみるけど多ければ多いほど内容なんて読んじゃいない。

ぱっと見で、写真の印象が悪い人はまず書類選考は通りませんでした

 

そんなこともあり、自分も写真は写真屋さんで撮ってもらってました。

ちゃんと「履歴書用写真撮ります」て出しているところでね。

そういう所だと色補正程度ですが、修正もしてくれます。

(色だけですよ!!別人が来たらむしろ怖いから!)

顔色がいいだけで人相よく見えるんですよ。

 

②ともかく丁寧に書く

今は履歴書もパソコンで作成したものを使っている方も多いと思いますが、基本、日本って手書きの方が丁寧さや真剣さを感じてもらえるんですかね。

意外にバカにできないんですよ。

汚い字はいいんです。

ただ、丁寧に書いてるのが伝わることが大事

 

③志望動機

これ、ありがちですが、「動機」というよりはその会社に入ってからどんなことがしたいか、どういうことができるのかを書くことですね。

想像してもらうんです。自分が会社に入ってどういう仕事をしているのかを

それにはやはり自分の職歴の棚卸も必要になるし、会社のホームページなどである程度の知識を得ることは必要ですね。

 

職務経歴書も会社に合わせて

これはパソコンが使えることを伝えるためにもパソコンでで作成します。

雛形は作っておいて、応募する会社によって若干変えます

会社の業種かあるいは、職種に合わせてです

※これ、職歴が多い人用です。

もちろん、今までの職歴を書きます。

でもこれはすごく簡単に期間と会社名や部署名程度。

 

で、先ほど決めた柱を中心に携わった仕事について詳しく書きます。

関係のない仕事はアピールしなくていいと考えてます。

あとは、軽く自己PR。

 

 

こんな程度!?と思われると思いますが、こんなもんです。

履歴書の部分なんて特に、こんな基本的なことができていない人が意外に多いんです。

そして、ダラダラとした職務経歴書の人もね。

 

すごく箇条書きで簡単に書いてしまいましたが、私、これで大体の書類選考通ってたし、その後2回の面接を経て倍率50倍を突破して採用になったこともあったから。

 

転職慣れてない人なんかは是非一度試してみてください☆

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください