暮らしと仕事

仕事を辞めたいと思った時は辞めていい。

「仕事を辞めたい」と思う時って、結構あるけど(笑)、理由は色々なんですよね。

タイトルは「辞めていい」と言ってますけど、まとめにまとめた結論です。

個人的には仕事はやめるべき時と続ける方がいい時があると思ってます。

私は仕事が長続きしませんでした

お恥ずかしい話、私は転職回数が多いです。

だから仕事を辞めていい、て言ってるわけじゃないです💦

私は就職氷河期の時代でして、内定がもらえないまま卒業しました。ただ、困ったことにその当時はそれほど真剣には考えてませんでしたが、やっぱり新卒で入社しておいたほうがよかったと今は思います。

新卒入社はわからないものとして基本を1から教えてもらえます。

それは言葉使いやマナーから社会の仕組みまで大枠を知ることができるので。

これ、実はすごくラッキーなことですよね。

中途入社って、即戦力として求められるのでいきなり本番という感じ。

分からないことが多かったので恥ずかしいと感じることも多かったし、自分で本を買って勉強なんかもしました。

仕事を辞める理由

契約社員や派遣などで働いていましたが、やめる理由はいつも「嫌なことがあって」辞めていました。

でも、20代の真ん中を過ぎた頃から「嫌でやめるのはもうやめよう」と思ったんです。

「嫌」て一言でいうといろいろあるけど、原因を相手に求めることが私が考える「嫌」てこと。自分の中に出た時はただの辞め時かな、て。

「嫌」を簡単に言うと、「不満」でしょうか。

例えば、「仕事がつまらない」とか「この仕事は好きじゃないし苦手だからやりたくない」とか「上司が働かない」とか。

反対に辞め時かな、と考えた時というのは「就業時間が長いからしんどい」とか「通勤時間が長くてつらい」とか「仕事が忙しくて周りにもあたって自分のことを嫌いになりかけてる時」とか。反対に、やりたいことなどがはっきり見えている時ですね。

これ、前半部分、甘えてるように思えますが元々体力がなくて疲れやすい自分には「拘束時間が長い」や「通勤時間が長い」といった仕事は合わなかったんだ、と後々考えました。これは自分が今まで働いてきて一番優先するのが「休み」といったことだと気付いて分かったことではありますが。

「不満」で辞めることをしなくなってからは当然ですが、長く勤められるようになりました。

合うとか合わないとかは絶対ある

例えば、自分が仕事を探す時に何を一番に優先するのか、ということは考えておく必要があると思います。

そうすると私の場合は体力がないし、キャリアアップや手に職をつけたいとかそういった欲が一切なかったので年間休日がしっかりしていてゆったりした環境で働きたい、これが一番望むこと、とわかったのでそれを優先事項として給料ややりがいといったものは多少妥協して仕事を選んでいました。

後は、営業のプレッシャーは嫌だとか、男の人が多くて荒っぽいのは嫌だとかね。

自分の嫌を知ることも大事。

(後々、営業職になってみてまた違う考えも出ましたがこれは今度機会があれば。)

以前、父が部下に話した内容を聞いたんです。

仕事が合わない気がする、という部下に「仕事が合わないとかじゃなく、お前が合わせろ」と言ったそうです。当時、それなりの規模の会社にいた父からすると「会社の利益が一番」という考えだったのでそういう言葉が出たんだと思うし、それも大事だとは思う。

でも、今はそういう風潮じゃない。

やってみるという努力はしてみた方が勉強になるけど、個人の適正を大事にするのが今の流れなんじゃないかと感じるんですよね。

甘いですか?

いいんですよ!みんな自分に厳しすぎるから。

転職を繰り返してわかったこと

転職を繰り返してわかったことは不満をもって嫌でやめても同じことの繰り返しということ。何かしら不満を見つけてそれに向き合うことなく次に行くから一見違った理由のようでも同じように不満に思ってやめる。

でもね、会社環境がブラックとか、職場にいじめがあるなんて話ならすぐにやめるべきです。

人間関係に悩むことはどこでだってある。でも程度を越しているならそこから逃げ出さなきゃいけないんです。

心がすり減って冷静に考えられなくなって自分のことを軽んじるようになるから。

自分て大事なんですよね。家族や周りの人が自分を思ってくれるということは、自分は自分個人のもののようで自分だけのものじゃないんです。でもそれとは別にたとえ周りの人と繋がりを感じなくても、むしろ感じなければ余計に自分の味方を自分だけはしてあげなくてはいけないと思うから。

自分をダメだと思うことほどつらいことってないんですよね。

人がつける傷より自分でつける傷はずっと残っているので。

だから、少し仕事行きたくない、なんて何度も頭をよぎった時には徹底的に考えてました。「これは不満なんだろうか?それとも?」て。

自分と向き合うことが大事です。

これをせずに感情で辞めると辞め癖がつく。

ただ、仕事の「大変さ」を乗り越えると、前回の辛さがなんでもないことに思える程度に自分の成長を感じさせてくれたのは大きな財産だと今も思います。

「仕事は3年は続けた方がいい」というのは正しい。

特に若い時は。

3年とりあえず続けると違った景色が見えるし、少し大きな枠で仕事を見られるようになるから。

やめるべき、続けるべきとは一概に言えないけど、これまでの時間で自分の中の一つの目安はできていたんだな、と思いますね。そのお陰で大分楽に生きられるようになったのかな。

こちらの記事もおススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください