心のこと

イライラからポジティブへ転換!

怒りや悲しい気持ちになった時、そんな気持ちをどうにかしたいと思います。

でも、どうしたらいいのかわからなくて、ただ鬱々としてしまったりイライラしたりしてしまうことはないでしょうか?

ともかく気持ちがネガティブになった時っていい考えが思い浮かばない!

そんな時、習慣にしてしまって気持ちを切り替えやすくする方法をご紹介します。

植物を飾る

観葉植物や切り花を飾る

植物は見ているだけで心が和んできませんか?

植物は”フィトンチッド”という森林浴をすると感じられる癒しのエネルギーを放出しているんです。

そのため心が重い時に植物を見ると気分が晴れやかになったり、元気が出たりする効果があるんですね。

これもおススメ➡

もし切り花を飾るなら、風水を使って恋愛運アップを目指してみましょう。

南東の方角は恋愛運を司る大切な場所。

家の中心からみて南東の方角をキレイにしてピンク色のお花を飾ってください。

ただし、これに関しては鉢植えはNGですよ。

 

植物を育てる、世話をする

植物の世話をすると一言で言っても、タネをまくことから水をやり・・・と一回で終わるものではありません。

しかし、この”手をかける・愛情をかける”ということが心に充実感や達成感ももたらし、多くのプラスの感情を得ることができるんですね。

実際に「園芸療法」というものがあるくらいなんです。

こんなこともしてみました➡

私は切り花にも声をかけたりしています。

バカみたいと思われるかもしれませんが、これ、意外に精神にいいと思います。

声をかけることで意識が花にいくし愛情も感じてくる。その上、キレイな花を咲かせてくれていることにも感謝の気持ちまででてくるんです。

自虐ネタじゃないけど、私のような独身女性の場合、「愛情をかける存在」というのはあって悪いことはないと思いますね。

大きな声を出す

大きな声を出すと言われても困ると思いますが、例えば「カラオケで思い切り大きな声で歌う」とかですね。

大きな声を出すことでストレスを発散される効果があるのです。

特にカラオケなんかだと楽しいですよね。

その「楽しい」という気持ちが心を解放することにつながるそうですよ。

大きな声を出せる場所と言えば、絶叫マシンとか?

ちなみに私は車の中で大声で歌ったりします。

おススメは➡

「一人カラオケ」でしょう!

誰かと行くとまず予定を合わせなくてはいけない。

ハードルがいきなり高くなりますし、ストレスを発散させに行きたいのに一緒に行った人に気を遣わなくてはいけない。

それなりに楽しいですが、これは自分がみんなと遊びたいと思った時にするべき行動。

ストレスを発散したいなら、断然「一人カラオケ」をおススメします。

受付の時には若干、緊張するし恥ずかしいけど、一瞬ですから。

しかも最近はそういう人増えたようですし、自分が店員さんだとしてもそこまでお客さんに興味ないと思うので全く問題ないです!

身体を動かす

身体を動かすと血液循環がよくなるので身体がすっきりします。

また、心には爽快感や充実感をもたらすためストレス解消にも効果的。

適度な運動でドーパミンも分泌されるので前向きな気持ちになるとも言われています。

ウォーキング

ウォーキングのいいところは軽い運動になるというだけではなく、同じ動作を繰り返し行う「反復運動」で、また一定のペースで行われる「リズム運動」であるということ。

私達の心と体をコントロールしている脳の神経伝達物質の一つである「セロトニン」は別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

セロトニンは脳全体に分泌されて神経細胞を活性化する働きをしているのですが、このセロトニンがストレスや疲労などで不足するとイライラや体のだるさなどの不調を感じやすくなります。

そしてリズム運動をすることによって実はセロトニンの分泌がアップするのです!

リズム運動は5~30分行うのが目安です。(5分からでいいのです!)

注意することは「一定のペースで集中して歩くこと」

これ、意外に難しい。

「集中して」ということは目や耳に絶えず情報が入ってくる通勤中なんかは厳しい。

「一定のペース」となると止まったり歩いたりする犬の散歩もNG。

「ウォーキング」をするための時間をちゃんととるということでしょうか。

個人的にはただ歩くだけでも効果を感じる話➡

私はよく歩きます。

ただ、理由はストレス解消というよりはダイエットのためです。

私が「歩く時間」としてとるのは犬の散歩の時なんですが、これ、リズム運動的にはNGなんですけど、早歩きでもないし、止まったりもするけど、ただ無心で歩いている時間ですごくスッキリします。

景色を見たりしますし、足元を見たりもする。

空を見上げたり、風を感じる。

そうやって周りに意識を向けたりすると季節の移ろいにも気付きますし、突然、自分の中でハッと思う時もあるんです。

これって「頭をからにする」とか心に余裕」を持つという意味で気分を晴れやかにしてくれているのではないかと感じてます。

実際、美しい景色を見惚れているとα波というリラックスの脳波が多くなり、安らぎモードになるらしいですよ。

私も空を見たり、葉っぱの色が変わったのをボーと見ているだけですごいリラックスします。

ストレッチをする

ストレッチは血行促進に効果的ですが、もう1つ、それは深い呼吸。

ストレッチをする時には意識をして呼吸をしませんか?

これにより副交感神経を優位に働かせ、リラックス効果をもたらします。

これもして欲しい➡

ストレッチで体を伸ばす時に、痛かったり、こりを感じたりしませんか?

「ここが不調なのかな?」など自分の体に意識を向けることはとても大切です。

それをきっかけに体のことを考えた食生活や運動に切り替えることもできますが、まずは

「いつも働いてくれてありがとう」と体を労わってあげてくださいね。

大事な自分です。

まとめ

体調だったり、心の不調からだったり、きっかけはささいなことで簡単に気持ちって落ちてしまいます。

そんな時に、早く回復するよう、そしてすぐに落ちてしまわないよう上手にコントロールできたらいいですよね。

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください