心のこと

ノートに書いて心の整理~イライラした時や不安な時~

ショックなことがあったり、腹が立ったり、悲しかったり・・・そんなマイナスな気持ちを持った時、頭がいっぱいになったり、反対に何も考えられなかったりしませんか?

人に話せる時はいい。

でも、それもどうわかってもらったらいいのかわからない時には、自分で自分を助けてあげてください。

方法は「ノートを使って」。ただ、「自分の気持ちを書き出すだけ」。

イライラや嫌なことがあったり、不安に思った時

①ノートにともかく思ったことを書く

腹が立っていれば、「誰に対して」「どんな気持ちなのか」など、思ったまま書いてください。

誰かに見せるわけではないので経緯は書かなくていいです。ただ、思ったことを吐き出します。

気が済むまでやってください。

②読み返す

気が済んだら最初から読み返してください。

ノートに気が済むまで書きなぐった後なので、少し冷静になっているはずです。

③自分の気持ちを認めてあげる

冷静に読み返すことで少し客観的に見ることができます。

そうすると、「自分はこう思ってたんだ」とか「ショックだったんだな」と一歩引いた状態で冷静に見ることができます。

その時に、大事なのが「辛かったんだね」といったように自分の気持ちを認めてあげること。

もしかしたら口汚い言葉で相手を罵ってるかもしれないし、恨み言まででているかもしれない。

でも、ノートの中では自分は自分の味方でいてください。

これだけですごく心が楽になるんです。

他でもない自分が自分の気持ちを認めてくれてわかってくれたんですから。

できたらもう少し

①事実だけをみる

相手がいる場合には特に、気持ちが揺れるんです。

悩みの大半は人間関係だったりするから。

だから何かあった時に、「きっとあの人はこう思ってるからこうしたんだ」とか理由を考えたり、「こういうことがあったからきっとあの人はこうするだろう」とか予測をしたり。

これって、仕事上ではいいけど人間関係では無駄だと思いません?

誰も人の心なんてわからないんですから。

そんな時もノートを見て、相手に言われたことだけを探してください

言われていないなら存在しないんだ、と。だから私は気にしないんじゃなく、私は対応する必要はない、と思ってください。

「気にしない」ということは案外難しいもの。

そんな時ほど、業務的に対応しないんです。

私もたまにやります。あえて空気は読まない!て。

②自分はどうしたいのか

ノートで自分の気持ちを知り、認めた後、じゃあ自分はどうしたいのか?何を望むのか?何を最優先させるのか?と自分に問うてください。

ノートを冷静に見られた後なら、自分の心の奥の希望も見えるはずです。

それも是非、ノートに書き出してください。

その時は、「それはそれ(あった出来事)。これはこれ(自分の気持ち)」というくらい割り切ってみて。

後はそこから出た答えを第一にするだけ

何を一番に優先させたいか、とわかると他の事ってどうでもよくなったりするんです。

そうなると対処法もおのずとわかってきたりします。

「逃げよう」とか「流そう」とか「これは言っておこう」とか「こうしよう」とか。

まとめ

大人になればなるほど自分をコントロールすることが大事になってくるし、それを周囲からも求められます。

対処方はそれなりにうまくなってもただ「我慢」している時も多いんですよね。

そうするとストレスもたまる。

私もよく人に相談します。話すと客観的になれますから。

でも最近思うのが、不機嫌って移るから私の話を聞いて一緒に怒ってもらうのがなんだか悪い気がするし、一緒に怒るから雰囲気で流れて終わってしまう。

そこでノートの出番。

今でも過去のノートを読み返したりします。

それを読んでネガティブな気持ちになると思います?

全然。

私、頑張ってたんだな、て思います。

だから次も大丈夫だ、て。

こちらの記事もおススメ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください