幼児向けおススメ絵本(2歳~5歳)※うちの場合

最近、姪や甥のためにせっせと図書館通いをしてます。

絵本を読んであげると喜ぶんですよ。

何度も読ませられて面倒くさくなるけど・・・

 

自分も小さい時から本が好きだったので、姪っこたちにも本の楽しさを知ってもらいたい、と思ったのがきっかけですが、振り返っても得るものは大きい。

お陰の一つは学生の時、国語の成績がよかったことです。

読書で読解力が鍛えられたのかな???

でも、塾の先生に成績表を渡した時に、「国語が良ければ全ての教科がいいはずなんだけどな」と言われて衝撃を受けました。

 

それで、最近は小さなお子達のために本を選んでいます。

2歳児と5歳児。

好きなものがかぶっていることもあれば、違うこともある。

もちろん性格も考慮しますが、それぞれの年齢で選ぶ基準にしているものがあります。

スポンサーリンク

幼児向けの絵本の選択基準

【2歳児の場合】

・意味がわからないものでOK

・反復のあるもの

これ、大人が読んでも全然意味の分からないものを面白がってたりするんです。

そして「反復のあるもの」ですが、状況が繰り返す感じ。

例えば、一人の子供が散歩をしていたとして色んな動物に合うけど、それぞれの交流や言葉の掛け合いは同じ、ていう感じですかね。

あと、擬音語も好きみたいですね。

 

【5歳児の場合】

・1ページの文字数の少ないもの

・ある程度のストーリー性のあるもの

その子によると思いますが、集中力が続かないんですね。

だから、文字数はすごく気にします。

あと、大分、理解力もついているのである程度のストーリーがあるものでも選びます。

すごくざっくりしてますけど、これ以外はなるべく気にしないで選ぶようにしてます。

自分の感性と子供のそれが一緒とは限らないし、どんな本を面白いと思うのか、その可能性を縮めたくないというのが最近感じたこと。

 

以下は独断と偏見で選びましたが、うちのお子達の反応がよかったものです。

1.「なっとうぼうや」  わたなべ あや著

 

2.「おとうふちゃん」  わたなべ あや著

 

3.「あかりをけすと」  こばやし ゆかこ著

 

4.「ろうそくいっぽん」  市居 みか著

5.「かさ さしてあげるね」  はせがわ せつこ著

 

6.「ようかいえんにいらっしゃい」  白土 あつこ著

 

他にもあったと思うんですが、ちょっと忘れてしまって・・・

二人が二人とも結構好きと言ってた本でピックアップしてみました。

ちなみに、①と②と③はアマゾンプライムで無料でkindle 版を読むことができます。(2018年9月現在)

プライムリーディング対象商品は10冊まで無料でダウンロードして読むことができます。ただ、ダウンロードすれば大丈夫だけどカタログという選ぶ段階の本はダウンロードできる期限があるみたいで次読もうと思った時にはない場合もあります(結構話題の本もあるのでそんな時は悲しい・・・)

紙の本が好きだけど、荷物を少なくしたい時には本当に助かる!!

コレコレ⇓

アマゾンプライム

お子達と一緒に出かけたりするんですが、ちょっとうるさくなってきたな、という時にiPadで絵本を読んであげてます。何冊も持たなくていいから結構いいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください