イライラを静めて心を穏やかにする方法

イライラが止められない時ってありますよね。

私は主に生理中。

それ以外ではそこまでイライラしない、というか気を付けてます。

よく怒りを感じた時は5秒待つと静まりやすい、とか、客観的に自分の感情を観察するといい、とかいいますよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

イライラを静める方法

・ペットとふれあう

幸せホルモンのひとつであるオキシトシンが出やすくなる。

これ、実感します。

私は犬を飼っているんですが、もちろんなでなでしたり抱っこしたりしますけど、犬の目を見て話かけるだけで心が静まる気がします。

つぶらな目を見て、「三白眼の人とか白目が大きいと怖い感じするけど、この子、黒目しかないから余計に可愛いんだろうか」とか考えてます。

 

・深呼吸をする

深呼吸で横隔膜が刺激され、自律神経が整い、セロトニンの分泌も促される。

一時期、よくやってました。

決まって朝ですね。やってみると、普段いかに浅い呼吸をしているかがわかります。

それがイライラの鎮静化に役立った、と具体的な状況は思い出せないけど、心が静まる感覚はありましたね。

 

・湯船につかる

上記でも出てきたセロトニンは女性ホルモンであるエストロゲンが不足すると減ってしまうんですね。分泌を促すには湯船にゆっくりつかって体の中から温めると効果的。

家族と一緒の時も一人で暮らしていた時もほぼ毎日湯船につかってます。

お風呂大好き。

自分にとって、リラックス効果があると知っていたんでしょうか。闇風呂なるものも試したり、雑誌や本を持ち込んでみたり、音楽をかけてみたり。

毛穴が開きすぎるが嫌だから長風呂はしないようにしてるけど・・・

 

・料理をする

料理中は理性をつかさどる前頭葉が活発に動くことが最近の研究でわかってきており、段取りなどに意識を集中すると感情を落ち着かせてくれる。

料理している時って(特に切ったりする作業)、「無」になりますよね。

これが気持ちいいから料理するの嫌いじゃない。

でも、味はいつも決まらない・・・

ちなみに、昔、ピアノを習っていたんですが、ピアノを弾いてる時も同じ感覚でした。

「無」の状態で弾くとすごいストレス解消になって心が落ち着いたのを覚えてる。

 

キレる高齢者について

これ、ある会社経営者の方の話を聞いたんです。

「歳をとると自分を抑えられないくてキレるんだよ」て。

 

すごく飄々としてキレるイメージがなかったのでびっくり。

 

でも、うちの父が一度、役所でキレてしまったと打ち明けてきたことがありまして。

「自分でもどうしてあんなに怒ったのかわからない」と後日、役所の担当者の方へ謝りにいったそうですが。

その時も驚いたんです。

父が感情的になっているのはほとんど見たことがなかったからです。誰から見ても穏やかな人だから。

 

それで、その会社経営者の方の話を聞き、そういうものなのか、と思ったんです。

納得はできてませんよ。理屈がわからないし。

でも、そういうものか、と受け止めておこうとは思いました。

何かキレられた時にそこまで腹を立てずに、相手にせずにいられるんじゃないかと思い、心に留めておこうと思いまして。

 

そして最後に「ただね、キレる相手が家族ならしょうがない。甘えがあるからね。でも、他所の人にキレたらダメだよね。」て。

 

お父さん落ち込んでたから絶対言えない・・・

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください