かずのすけ氏☆4評価「セザンヌのスキンコンディショナー高保湿」を使ってみた

かずのすけ氏の解析を見て買ってみました。

セザンヌ「スキンコンディショナー高保湿」

まず、一言で言って、大きい!

それも買う理由の一つだったんですがね。

では、詳しく・・・

【成分】

主な成分:水、グリセリン、BG(成分表の最初の3つです)

かずのすけ氏の著書を読むと「低刺激で使いやすい化粧水はBGやグリセリンを主成分としている」そうなので、これはまずそういった意味では合格でしょうか。

その他:保湿成分⇒コラーゲン、トリプルヒアルロン酸

    乾燥から肌を守るバリア機能⇒ヒト型セラミド

かずのすけ氏が言及していたこの「ヒト型セラミド」は肌の水分蒸発を防いだり外部刺激の遮断を担うお肌のバリア物質だそうです。しかも高額らしいです!

なので、この価格からみるとそれほど配合はされていないだろう、ということですが、優秀ですよね。

【使用感】

見た目は白濁していて、手に出すとすごく水っぽいです。

【効果】

まず、前提が私はお風呂上りのボディ用とプレ化粧水感覚で顔に使います。なので、どちらかというと腕などに使用した後の感想です。

思ったよりもしっとりしました。ハトムギ化粧水をずっと使ってたんですが保湿が足りないと感じてたので変えたんですが、比べてみると明らかにしっとりします。

顔はその後に別にケアをするので、ちょっと物足りないかも。

ただ、香りもほとんどしないし、かゆみも感じないので使いやすい化粧水だと思います。

【価格】

これ、驚きの低価格!

500mlで700円くらいでした。

思う存分使えます。

 

そう、私も大容量なのでボディ用に使いたいと思ったんです。

あと、これ、すごく水っぽくてサラサラしてるのでコットンパックにもいいですね。どうしてもとろみのある化粧水はコットンパックしずらいので。

スポンサーリンク

ちなみ、写真を見てもらうとわかると思うんですが、化粧水はスプレーのノズルに変えてます。

ボディケアってどうしても面倒で、いちいち手に出して塗るなんて苦痛だったので、無印でスプレー用ノズルを見つけたのでこれを装着!

シュシュシュ~、て感じでお手軽にケアできるのでおススメ。

むしろ、無印おススメ!

 

アテニア「スキンクリアクレンズオイル」は使用感しっとり

クレンジングは全部で4つ、常時用意してます。

 

①ポイントメイク落とし用

②オリーブオイル(食用)

③クレンジングミルク

④クレンジングオイル

 

それぞれ、役割がありまして。

①は言わずもがな感じなので、説明は省くとして、基本的にまず、使う場所で分かれます。

②と③は洗面所で。私はアトピーなんですが、25過ぎたあたりから何年かの周期でひどくなり、全くどうにもできない時があったんです。

で、刺激を与えないように、できるだけ自然のもので、となってオリーブオイル使ってました。なので、敏感な時期はこっち。

日焼け止めだけの軽いメイクの時は③のミルク。

 

そして、④のオイルは疲れてて一気にメイクを落としたい時やしっかりメイクの時にお風呂で使う、と決めてます。

スポンサーリンク

ここ1年くらいはアテニア「スキンクリアクレンズオイル」を使ってます。

これはちょっと大きいサイズなんです。

 

元々は妹が使っていたんですが、勧められて使ってみたら、洗いあがりがすごくいい。つっぱらなくて、しっとりなんです。(ベタベタじゃないよ)

濡れた手でも使えるのもよかった。(ここ大事!!)

ということで、大きいサイズを購入。

 

アテニアのスキンクリアクレンズ

成分

1.日本初配合の原料「ロックローズオイル」の抗酸化力で、肌ステインを浮かして除去

「ロックローズオイル」とは標高の高い生息している花なんですが、そんな厳しい環境で育つこの花の成分を抽出してオイル化したそうです。

よく聞く「歯のステイン」のように肌にも同じことがいえるんですって。黄ばみですね。こわっ!!そういうのほんと嫌!

2.エイジングケアで注目を集めている「イモーテルオイル」で、肌ステインの発生を防ぐ

3.「アルガンオイル」で、毛穴の汚れ・角栓・過剰な皮脂を除去

4.「バオバブオイル」で、水分をキープ。メイク落としで奪われがちなうるおいを残す

5.「レモングラス」や「ベルガモット」をベースにブレンドしたアロマで、リラックス

いや、これ、ほんとにいい香りなんです。

 

使用感

テクスチャーはすごく軽いんです。サラッとしたオイルです。

効果

これについは冒頭でお話しましたが、サラッとしたオイルな割に、残ってる感がまずない。しっかりメイクもちゃんと落ちます。

何よりも、洗いあがりがつっぱらず、しっとりしてます。

あくまで私個人の感想にはなりますが、敏感&乾燥肌の私でも十分満足できる使用感ですね。

また、しっかりメイク派の方やお風呂で一気に全部流す派もおススメ。

改めて調べたら、「ウォーターキャッチオイル処方」でメイクをしっかり浮かび上がらせるから、わずか10秒でメイクが落ちるらしい!!疲れて丁寧なメイク落としができない時は最高ですね。ていうか、これからはもっと早く洗い流そう~

※ダブル洗顔不要でまつエクもOKです☆

 

しばらくはこちらのスキンクリアクレンズオイルを使いますね。

ちなみに、ローズも出たんですが、こちらもすごくいい香りでした!

ローズってきつい匂いになると辛いんですよね。でも、香りがちょうどいい。こちらもおススメですね。

 



今(2018年9月10日時点)なら数量限定でクレンジングオイル1本(175ml)(これで2カ月分くらいです)の価格でドレスリフトローション(14日分)もついて¥1,836(税込)らしい!

あ、でもローション付くのはアテニア初めての人だけみたい・・・残念。

キレイな大人になるメイクのコツ

 

私自身、美容系の雑誌や本を読むのは大好きなんですが、メイクとなるとどんなに自分で濃く塗っているつもりで薄顔だからか「化粧していないでしょ?」なんて聞かれてしまうんですよね。

 

最近はほとんど諦めに近いものがあったんですが・・・

 

本屋でたまたま何の気なしに買ったこの本、少しパラパラと読んでみて(この手の本はいつも買っただけで終わるから・・・)、一度は買わずに帰ったんですが、後日買いました!

 

本のタイトルは

『テクニックさえ身につければ、

「キレイ」はもっと引き出せる』

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんという方の本です。

 

「テクニック」と書かれてますが、腕は必要ありません。どちらかといえばコツという感じでしょうか。

 

どのメイクでも目指すところはきっと「キレイ」なんだと思うんです。この本の中の「キレイ」は、個性的なものではなく、王道のキレイさなんですが、全てに手を加えるわけではなく、一番効果的にキレイに見せられるところを強調するメイクのコツを教えてくれる本だと思います。

 

コツはたくさんあるんですが、私が特に参考にしてよかったと感じたのが次の2つです。

 

①ファンデーションは目の下から頬骨の上までの「美肌ゾーン」のみ塗る

 

②眉はアイメイクを終わらせた最後に描く

 

 

まず①ですが、「ココに注力すれば肌は必ず120%美しく見える」と書かれています。

これ、ピカ子さんも仰っていたようです。

 

ファンデーションはただ、塗るんじゃないんです。ここにほんとたっぷりの量のファンデーションを置いてスポンジでスタンプ塗りをするんですね。そこから美肌ゾーンの下につなげて、その下まで薄くのばす。

これだけなんですが、塗った感があるうえにキレイなんです!でも、自然。

 

全部に塗らないからか、立体感もある気がする。

 

そして②ですが、これ、すごく自然な顔になったというのが第一の感想。

 

私の眉毛は申し訳程度の量しか生えてないからいつもとりあえず、メイクの早い段階で眉を描いてたんです。ある意味、眉毛さえ描けばメイク終わりなくらい。(どうかしてます。)

 

で、アイメイクしてから描いてみたら、自然な顔になったと。

 

私の顔はどちらかというと顔の中心にパーツが集まっているんですが、一般的な眉の書き方に忠実に描いていた結果、より中心に集まってしまっていたんですね。

なんていうか、「ギュっ」てした顔。

 

でも、順番を変えてアイメイクをしている顔に眉を足してく感覚で描いていくと、若干、薄目で、左右の眉頭の幅も広めにとって描くようになったら顔のバランスがよくなったんです。

 

ほんと、メイクっていうか、顔っていうのは全体のバランスなんだと今更ながら気づきました。

 

その他にもちょっとしたコツが沢山書いてあるのでこの本はおススメです。

 

見てみて!読んでみて!試してみて!な本です。

 

「肌極」使用感~週1の酵素洗顔で角質ケア

週1で酵素洗顔をしているんですが、今まで使っていたものがなくなったので新しいのを使ってみたくて試してみました。

 

KOSEの「肌極」

特徴としては

個包装のため多少消費期限を考えながら使わなくていいのがいい(元々週1位しか使わなかったため個包装がいいと思ってました。食べ物じゃないけど、化粧品とかは肌につけるものだから多少気になりますよね)あとは、旅行にも持っていけると考えれば便利かも。

 

です。

フッて息を吹きかけたら飛んでいく感じの粉です。

 

泡立ちはよくない。

私、洗顔料の泡立てが結構得意なんです。それなりに泡立てる自信があります。手順まであります。

個人的な感想にはなりますが、泡立つけど、あまりきめ細かい泡じゃないから、もっちりとした泡で洗うっていう感覚ではないかも。

 

使用感は?

つるんとした感じがあまりない。これは残念。酵素洗顔の後のつるんとした感じが好きなんで、ちょっと物足りなさを感じます。

 

・最後になってしまいましたが、特徴的な成分は?

【洗浄成分】タンパク分解酵素

【保湿成分】天然コメ由来保湿成分配合・・・米ぬかから得られる成分だそうです。

米ぬか袋とか使ったことあるんですが、肌にいいイメージありますよね。

 

 

今まで使っていた酵素洗顔料のつるんとしたスッキリ感がないんですが、それが「保湿」のためと言われればそういうことなんだろうか・・・。

元々、乾燥肌であまり黒々とした小鼻の黒ずみがなかったので黒ずみの解消も感じられなかったけど、これは肌質のせいなんでしょうか。

スポンサーリンク

 

週1回の酵素洗顔【マイルールです】

アレルギー持ちの乾燥肌で、25歳を過ぎてから数年おきに季節の変わり目に乾燥で肌が荒れて粉をふいたり、真っ赤になったりといったトラブルが定期的におきてました。

 

肌の様子を見ながら、色々試してみて、現在は夏以外は朝はぬるま湯洗いのみ、夜はクレンジングのみでダブル洗顔なし(ポイントメイクはふき取り)で大きなトラブルがない状態できています。

※これはその人の肌質にもよると思うので決して洗わないことをお勧めしてるわけではありません。(ココ大事)

ただ、やはりそうすると肌のくすみも気になってくるので週1回酵素洗顔をしています。肌のターンオーバーを促してあげなくてはいけませんからね。

 

続けてる理由は明らかに肌が明るくなるから

 

酵素洗顔のピーリング成分は皮膚の角質を分解して洗浄するためつるつるの洗いあがりになりますが、使いすぎると健康な肌も分解して削ってしまうらしいのであくまで週1回、あるいはなんとなく肌がザラザラした時のみと決めています。

 

このツルツル感が好きなのでこれからも他の商品を試してみたいですね~

 

 

 

ピディット モイストコントロールで透明感を出したい

見た感じすごく気になるといういうほどではないけど、なんとなく肌色が悪いのが気になっていたので酵素洗顔したり保湿を頑張ったりしたけどイマイチ改善せず。もしかして血流が悪いのか?運動しなきゃダメか、という感じでそれ以上の対策をしてこなかったんですが、髪の色を暗くしたのをきっかけに「透明感出したい!」と思い買ってみました。

「ピディット モイストコントロールベース」

色はラベンダーカラー

 

肌色は地黒まではいかないいたって普通のイエローベースの肌色です。コントロールカラーというとブルーやピンク、グリーンやオレンジまで色々あるんですが、ラベンダーカラーを選んだ理由はくすみ肌に透明感を出すと聞いたからです。

以前、ピンクのコントロールカラーを使っていたんですが(どこのだったか忘れました)血色がよくなった気がしたので今回は「透明感」という目的に合わせて「ラベンダー」!!

 

こちらのコントロールカラーを選んだ理由は「自然だったから」。

他の商品も手の甲に出して試してみたんですが、すごく白くて、例え少量を顔の中心だけに薄くのばしても浮くんじゃない?ていいう感じで躊躇してたんですが、こちらを見つけて試してみたところ、すごく自然。ただ、あまり色味を感じないうえにカバー力はなさそうだな~とは思ってました。

しかし、「うるおいラッピング下地」となっていたのもあり買ってみました。

スポンサーリンク

使ってみた感想

1.確かにうるおい感はある

2.カバー力は全くないと言っていいかも

3.色味もあまり感じない

4.フローラルの香りとなっているがそんなにきつくない

 

写真を載せようとしたんですが、全然違いがわからないので載せるのやめました。

写真だとわからないんですが、実際に光の当たる角度を変えながら見てみると若干、白っぽくツヤが出ているように光って見えます。

かさついた感じがないので塗った感が出ないのがいいですが、本来の目的の透明感については私の場合はあまり効果が感じられなかったのが残念です。

次は別な商品を試してみようと今から思ってますが、この商品、さらっと書きましたが「うるおい」は感じられるのでこの点はすごくよかったです。

 

あとは、これ、私の勝手なイメージなんですが、このメーカーはポーラ・オルビスグループだったんです。これもなんとなく安心感がありましたね。ほんと勝手なイメージです。

 

 

ハワイで買ってよかったシミ消しクリーム「NADINOLA」

姉に聞いた話ですが、日本人にとってハワイは風水的にいいらしいですよ。だからみんなハワイに行くのか!?とハッとしたんですが。

私自身、それも後押しになって(?)行ってきました!ハワイ!

(嘘。ただハワイが好きなだけ。しかも行ったの最近じゃないです・・・)

 

少ない日程で店を回らなくてはいけないと思っていたので、欲しいものはあらかじめ本などで調べておいたんですが、その一つが

「NADINOLA」(ナディノラ)

シミ消しクリームなんですが、私が惹かれた理由は2つ。

 

1.ハイドロキノン高配合

ハイドロキノンとは何かというと、シミの原因になるメラニン色素を生成する酵素(チロジナーゼ)の働きを抑制する作用を持つだけでなく、メラニン色素を作りだすメラノサイトそのものに働きかけて減少させる効果があるんです。

ナディノラはそのハイドロキノンの濃度が3%。

日本では厚生労働省により化粧品への配合は2%以上は認められていないんですね~

2.比較的安価な金額

私が購入した時で12$くらいだった気がします。

ちなみにアラモアナ内にある「ロングス・ドラッグス」で購入しました。

日本の美白美容液って高いですからね。

スポンサーリンク

【実際に使ってみて】

まず、臭いですが、お母さんの化粧品の臭いという感じですね。

使用法はシミやそばかすの上に点々とおいて塗る感じでしょうか。

塗りこむ感じではないので、肌の上においたらそのまま白い点状のものだらけの顔で歯を磨いたり寝る準備をしたりして浸透するのを待ってます。余談ですが、この顔で暗闇から出てきたら家族が息をのんで驚いてました。

 

使用は夜のみにしてます

!ビタミンCなどでもよく聞きますが、紫外線にあたってしまうと反対にシミそばかすができやすくなるらしいので紫外線対策は気を付けないといけないんですね。

でも、日常の紫外線対策してもシミできちゃうくらいなんだからリスクは負わないわ、てことで朝は塗りません。

 

一番効果を感じたのは手にできていた傷跡が薄くなったというか、ほとんどわからないくらいまでになったことかな?

その他の顔については、比較的最近気になっていた小さなシミが薄くなった気がするけど、そばかすにはあまり効果を感じられなったです。というのも、私のそばかすは昔からある遺伝的なものもので紫外線によるものではないからでしょうか。

ただ、傷跡はがっつり消えました!はっきり茶色くなってたのが角度によっては見えないくらいにまでなりました。

残念ながら比較写真はありません!

(見てわかるほどの効果があると思わなかったから・・・)

年齢と共に傷跡もシミになってしまうんだなぁ、じゃあ、うっかりケガもできないなぁ、とか思ってたのでこれは嬉しいです。

ポンコツ写真だからわからないかもしれないけど、人差し指と中指の間の手の甲の部分です。まだ少しうっすらシミがありますが、これがもっと濃かったんです!

 

【ご注意】

ただ、厚生労働省で2001年の薬事法改正まで市販の化粧品にハイドロキノンの配合が認められなかったくらいですから用途、用量を誤ると危険な副作用の恐れがあるものだとは認識しておいてください。

私自身が気を付けているのは

①目の周りや傷口といったところには使用しない

②日光にあたらない

③生理中や肌が敏感な時には使用を控える

④冷所保存

⑤早く使い切る(ために体中の気になる部分に塗る)

その他、妊娠中や授乳中には控えた方がいいようですね。

 

敏感肌の方は刺激が強くて赤くなる場合もあるという話を聞きましたが、元々アトピー肌の私でも大丈夫でした。

でもこれは私の肌も波があるので一定周期で手が付けられないほどひどくなる時がありますが、今回はたまたま調子がいい時だったのだと考えてます。

なので、試すならまずは腕などにパッチテストをしてから使用することをお勧めしますし、刺激を感じたらすぐやめる、これは必須ですね。

 

アマゾンでも取り扱いがあるようですね。

ハワイよりは若干高いけど、美白美容液と考えれば

そんなに高くはないからお試しにもいいかもしれないですね。

⇓ ⇓ ⇓

 

 

 

美的2018月5月号ツヤ特集を買ってみた

今回の美的の特集は「ツヤ」。

中身を確認することなく買ってみました。

ツヤ特集のおおまかな内容*

  • 顔のタイプ別のツヤ肌の作り方
  • アイメイクとリップのバランスメイク
  • 初夏のツヤ肌作り
  • ボディと髪のツヤ・・

スポンサーリンク

 

参考にしたい顔タイプ別のツヤ肌の作り方(自分の場合)

これ、顔のタイプが4つに分けられているんですが、あてはまる点が2点のみで2タイプくらいしかあてはまらない・・・

でも、たぶん「大人クール顔」

特徴としては悲しいことに「老けてみえる」みたいです・・・

自分が参考にするポイントとしては

  • 下地:ピンク系下地を顔の中心だけに塗る⇒たるみが目立つから外側に塗ってはいけない
  • チーク:ピンク系チークを高め位置に入れる

面長な顔なのでチークはちょうど真ん中の高さに真横に入れていたんですが、そうか、高め位置に入れなくてはいけないんだ・・・

 

【初夏のツヤ肌作り】

これ、色々書いてあったんですが、勉強になりました。

1点引用させていただきますと、「乾燥肌でもツヤを出したい場合美容オイルはお手入れの最後に使うのがよい」と。

やりすぎかな、なんて思ったことあったんですが、私正しかった!と嬉しくなりました。

あとは、「クリームと混ぜて使ってもよい」

これ、以前はやっていたんですが、最近やめていたんです。でもそうすると一日の終わりにはツヤどころか潤いもなくなっているんですよ。だからまた復活させようかな、とか思ってたところに美的を読んで確信を深めましたね。

自分えらい!て(ごめんなさい)

 

【その他気になる記事】

運命の「日焼け止め」となってますが、特化している分野ごとに紹介されているので今年の夏はこれを参考に買ってみようかな、と。

プチ薬膳レシピ  正直、ごはんものは美味しそうじゃないから試そうと思わないんですが、ドリンクがまあ、美味しそうだし、ちょうど花粉症の症状に合わせて載せてあるので試してみたいという気になりました。でも、材料が普段あまり買わないものが多かったからできるかな???

 

以上が私の気になった美的5月号の簡単な内容です。

雑誌はいつもさらっとしか読まないし、すぐに捨ててしまうんですが、今回は最近の私の関心事である「ツヤ」に関してだったので見た瞬間に買ってしまいました。

他にも結構参考になるものが多かったので今回は買って正解だったかな。

 

かずのすけ氏お薦め化粧水「素肌しずく ぷるっとしずく化粧水」使ってみた

ロートの極潤をずっと使っていたんですが、飽きてきたのとしっとりというよりベタベタした感じは本当に潤っているのか?潤っている気がしているだけではないのか?という疑問も湧き、化粧水を変えてみました。

元々、何種類かをローテーションで1クール3本くらい使ったら別のものを使う、といった感じで変えていました。

化粧水ってそもそも全体の7割から8割で水でできているんですよね。

初めて知った時は衝撃でした。

そんなもんなのか・・・、と。

大きな分類で化粧品関係の商品を仕事で一時期扱っていたこともあり、成分を調べるといったこともしましたが、基本的にはやはりそんなに深く考えて購入しているわけでもないんですね、困ったことに。

スポンサーリンク

 

今回試した「素肌しずく ぷるっとしずく化粧水」

使用感

 

手に出した感じは化粧水というよりは、ジェルっぽいんですが、それよりもゆるい、例えると子供に薬を飲ませる時に使うゼリーのような感じです。

肌につけると液体っぽくなって、普通の化粧水の使い心地と変わりはありません。

使用感は極潤を使っていたせいか、ずいぶんさっぱりしているな、と。可もなく不可もなく。刺激も感じませんが特別潤っている感もしないというか。

 

成分

プラセンタと3種類のヒアルロン酸が入っています。

コラーゲン、セラミド、CoQ10(コエンザイムQ10)、プロテオグリカン

上記の成分のうち、プロテオグリカン以外の4点が濃密浸透ヴェールという名の美容液成分のようです。

個人的に気になったのがプロテオグリカン。

これ、一言で言うと「糖たんぱく質の一種」。

コラーゲンやヒアルロン酸のように保水性に優れている成分なんです。

何年か前に雑誌で見かけたんですが、高いイメージを持った記憶があるんです。今回、こんなに安い化粧水に入っているんだ!?と思ったんですが、プロテオグリカンに関しては効果効能は記載がありません(本体裏面)のでどうなのかな?

 

私も化粧水が潤いを守ってくれるとはあまり期待はしていません。その後に塗る美容液やクリームの導入液だと思っています。

実際、乾燥した肌にクリームを直に塗るよりも化粧水で潤わせてから塗る方が乾燥しないので。

ただ、肌に化粧水をのせたみずみずしい感じはすごく好きなんですよね~

 

サプリケア イズム コントロールsdの使用感(かずのすけ氏お薦め)

トリートメントがなくなったので新しく購入しました。

「サプリケア イズム コントロールsd」

こちらは化粧品等の成分解析の本も出版されているかずのすけさんのおすすめということで購入してみました。(ブログがよく知られているようですが、私は本屋さんで初めて知りました)

私、目に見えないものについては全く根拠を求めないんですが、目に見えるもの、物質というか、存在しているものについて科学的な根拠を出していたりするのは好きです。

すごく極端だな、て自分でも思うんですが、これが意外に自分の中では一貫性があるんですよね。

【使用感】

5分とか、時間を置くものが多いんですが、裏面の使用方法ではもみこむだけで時間を置くようにとはかいてありませんでした。

まず、もみこんで洗い流した直後はしっとりしてます。

ありがちですが、トゥルンという感じ。だからといってベタベタするわけでもありません。普通にいいです。

【ドライヤーで乾かした後】

髪はしっとりして、指がスルッと通ります。

【翌日はどうだ!?】

寝ぐせは置いておいて、やはりしっとりは持続しております。

良かったのはヘアブラシでとかした時、髪が絡まらずスルッとぬけたこと。(最近、必ずといっていいほど髪が絡まって痛かったので)

 

スポンサーリンク

現時点では全体的にとても満足しています。

ちなみ私の髪は細くて柔らかいくせ毛です。

 

アラフォーになっておきながら生意気なんですが、去年辺りから、やっと結構本気で髪のケアをするようになりました。

理由は、くせ毛がひどくなったことと、一本きりでその後も生えてきませんでしたが白髪が生えたこと(!)

美容師さんに相談したら、「年齢と共にくせ毛はひどくなる。」と言われ、少し調べたら髪の水分量が減ることも原因のようです。

そこで、せめて週1回はトリートメントをしよう!と思い、始めたんです。

効果はてきめんでしたね。いかにケアをしていなかったのかということがよく分かりました・・・

一言で、クセが落ち着きました。

ただ、白髪に関しては恐らくストレスだったんだろうと思います。(これは美容師さんにも言われました)

だからよかったというわけではなく、ストレス溜めないように自分の気分だったり、生活をコントロールしようと思いましたね。(実際、ストレスの原因を取り除いたら白髪が生えてこなくなったので)

白髪が生えてくるのは自然なことだと思うけど、まだ少し早い!だから、もう少し待って。

心の準備ができるまで・・・て祈ってます。

ツヤ肌の効果~途中経過~

きっかけは「いいことがあるといいな」という軽い気持ちから「肌にツヤを出す」という方法を試してみたわけですが、結果はどうかというと・・・

まだわかりません。すみません💦

1カ月経たない程度でしょうか、始めてから。

具体的にどうということはわからないんですが、今現在感じる効果というと「楽しい」かな。

女性はキレイにすると(私、実は女性なんですが)気分が上がると思うんです。それは一般的に考えて。

まず、スキンケアの時点で丁寧にするようになりましたし、自分の肌の状態をよく見るようになりました。「今日はどうかな?くすんでないかな?」「かさついたところはないかな?」などです。

これまでは多少やっつけ仕事や義務になっていた感はあったのかもしれません。

でも、ツヤをだすために、スキンケアに気をつかえばやはり肌はこたえてくれるので調子はいい⇒嬉しい⇒楽しんでスキンケアをする⇒最初に戻って繰り返し・・・

という感じでしょうか。

そうすると自然と食事も気をつけるようになりました。「野菜足りてないな」とか「お菓子じゃなくてヨーグルトとっておこうかな」てな感じです。不思議だ。

オイルを使った即効性のあるツヤだしは気持ちが萎える前に上げてくれていい循環を生み出してくれています。実際、鏡を見る機会が増えました。前と違って、つやつやしてキレイだから。

実は、ちょうど始めた頃ですね、家族で旅行に行った時の写真を見て、自分のあまりの不幸顔にショックを受けたんです。なんか、肌に生気がないんです。くすんでる気がするし、かさついてて。それも後押してして、なんとか「変えたい!」と思いましたね。て、今、思い出しました。

だから、「いいことがおきる」「幸せになる」とはまだ言い切れませんが、途中経過としては確かに「幸せな気持ちにはなっている」と言えます。

それと気付いたのが、意外に自分のことを粗末に扱ってたのかな、てことです。スキンケア一つにしても、この季節、寒いし乾燥するし、痒くなったり過酷なのに全面に出て頑張ってくれている自分の肌を「やらなかったら面倒なことになる」程度にしかケアをしてこなかったこと。メイクにしても自分をキレイにしたい、見せたい、という気持ちも欠けてたな、て。

そういう意味でもアラフォーのこの時点で気付けてよかったな、て思いますね。

 

スポンサーリンク