新しいスケジュール帳をデコレーション

新しいここ2,3年はバレットジャーナルや自分で印刷したものを使っていたのですが、今年は手帳を買いました。

ぱっと見はとてもシンプル。

 

なので、ちょっと手を加えてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

無料のPrint Planner

自分でうってて「なんだこりゃ?」て思ったんですが、スケジュール帳の中の紙に直接貼る用のシートでして、モチベーションが上がるような言葉と絵がデザインされているんです。

有料のものが多いですが、無料のものもあります。

 

ちなみ私はこちらの海外の方のサイトから無料でダウンロードさせていただきました。

これを100均で買ったシール用紙に印刷をし使いました。

 

まず、これがスケジュール帳と印刷したシールです。

 

 

このシールを切って貼り付けてできたのがこちら⇓

表紙しか貼りませんでした。

 

ちょっとかわいくなったと思いません?(はい、すみません。自己満足です)

 

表紙も後も色々配置は試してみたんですが、なんか、言葉が微妙だったり、なんていうか、あと、しつこすぎるか、シンプルすぎる。

ということで、表紙のみとなってしまいました。

 

ただ、見開き1枚目にもシールを一つ貼ってみました。

残りは今後、スケジュール帳の中に貼って活用しようと思っています。

 

他にも色々なデザインのものがあったんですが、やたらと「LOVE」が多い。

いや、かわいいと思うけど、やっぱりしつこい。

ということで、そんなに意味のなさそうなものを選んでみました。

 

 

 

暖かくて素敵なブランケットを作るぞ!

寒くなりましたね。

昨夜から毛布を出しました。

母には「早いんじゃない?」て言われたけど、毛布の中で「うん。暑くない。」てな感じで気持ちよく眠りに落ち、今朝起きた時も毛布の肌触りに「やっぱり正解だ」て満足して起きました。

 

季節の変わり目は喘息やアレルギーで辛いので苦手なのですが、嫌いではないです。

次の季節へ移る時の空気や空、草花を見て、肌で感じるのが好きだし、「準備をする」のも好き。

冬なら暖房器具を出し始めたり、寝具を変えたり、ブランケットを探したり。

 

スポンサーリンク

ワクワクリストから

先日ご紹介した手帳術にあった「ワクワクリスト」をやっと書き出しました。

最後の方はなんだかグダグダ・・・

やりたいことというよりただの「To Do リスト」になってたり。

 

ここで、本に書いてあった通り、「どうしてやりたいのか?」などの質問が必要になってくるんですね。

 

早速、手をつけてみようと思い、リストを見直しています。

 

そこで1つ、すぐにできそうなもので私のワクワク度からもあっているものを見つけました。

「編み物をする」

 

小さい頃に母に教えてもらって編んだことがあるんですが、全然覚えてない。

でも、なんか無性にやりたかった。

 

のんびりぐーたら生きてる私ですが、実は行動力はありまして、早速本を買いました。初心者だから、比較的丁寧なものを選ぼうと思ったけど、編みたいものが載っている本を購入。

 

 

この表紙のブランケットが欲しい!

と思い、この本を買いました。

 

基本的に自分の欲望に忠実だけど、可能不可能までは考えないので。本を開いてみてびっくり。

でも、やってみることに決めました。

 

毛糸は大量にあるんですよ、なぜか。

ベーシックなグレーがあったからこれを使って編む!と決めてました。

部屋にも合うからね。

 

かぎ針もあったはず。

 

※できるかどうかわからないからブログには書かないでおこうかと思ったけど、自分を奮い立たせるためにも書いてみました。

 

すごい才能あったらどうしよう。

 

なんてね。

 

ちなみに、最近、三浦しおんさんの「あの家に暮らす4人の女」という本を読んだんですが、主人公が刺繍作家?なんです。描写自体はそんなにないんですけど、なんか私も何かを作りたくなった・・・。それで編み物?

でも、本の内容はそこがポイントではないんですけどね。

面白かったですよ。こちらも。

 

タブレットを2台持ってみたけど意外に便利な話。

アマゾンのタブレットもらった。

ラッキー☆

(何かの景品とかではないです💦)

 

正直、タブレットはiPadを持っていたのでそんなに欲しいとは思っていなかったんですが、なにしろ私はアマゾンプライム会員ですからね!(笑)

 

というか、むしろプライム会員じゃなかったらいらなかったかもしれない、というくらいプライム特典でしか使う予定がない。

私、アマゾンの回し者じゃないですよ。ただ、プライムは本当に気に入ってます。

 

 

スポンサーリンク

 

デメリット

まず、最初に感じたデメリットから。いきなりね。

  • 重い
  • 容量が8GBで少ない

そもそもタブレットって・・・言うほど軽くないですよね。私の個人的な感想としてはそもそも重いものなのかな、て。

kindleで本を読む時は移動の時が多くていつもiPhoneだったんですが、家で読む用に欲しいと思ってた。でも手で持ち続けるには重いからやっぱり移動向きじゃないですね。スタンドカバーを探さなきゃ。

 

容量は別にSDカードとか買えばいいのかな???

 

あと、どうでもいいことだけど、枠が大きい気がする。外側の枠の幅が広くて大きさの割に画面が小さいく感じます。

 

 

 

メリット

これは、本当にプライム会員にとって使いやすいという一言に尽きると思います。

プライム会員特典のビデオの見放題や音楽の無料視聴、プライムリーディングではkindle本の10冊までは無料でダウンロードして読むことができる点。

しかも全然知らなったけど、オーナーライブラリーという仕組みで月に1冊無料で本が読めるらしい!

ちなみに、【オーナーライブラリーの条件】⇓

  1. KindleまたはFire端末を持っている
  2. Amazonプライムに加入している

 

これらの必要なアプリも初めから入ってるのもいい。

家ではもちろん、移動の暇つぶしにもなる。

 

iPadをテレビにつないでビデオを観ていたので、これはこのままに。

そして、Fireは寝室置いて音楽を聴いたり、本を読むという使い方にしようという考えに至りました。

正直、プライムって買い物の時にいつも訊かれるけど、当日お急ぎ便とかが無料になるだけだと思ってて、ずっと無視してたけど利用してみてその便利さというか、魅力にはまって使い倒してる!

Fire7がタブレットとしてすごくいい!とは思わないけど(なにしろIT弱者だから)プライム会員だったらすごくいいと思うので、商売っ気すごく出てるけど、セット推しでどうでしょう!

※詳しい機能やスペックは他のサイトを見て確認した方がいいと思います。なぜなら私、自分の感想と気持ちだけで書いてるだけだから・・・でも、ほぼ間違いないと思います。

 

 

パン以外も美味しい「THE CITY BAKELY品川」 でランチ

品川駅から新幹線に乗るため、そのまま近場でランチをしようということになり、探したところ・・・

 

アトレ品川内にありました☆

 

「THE  CITY BAKELY品川」

 

パンが美味しいと食べログに書いてあったので行ってきました。

 

でも頼んだのは普通にランチメニュー

↓これは、付いてきたパンとサラダ

パン、美味しかった!!

塩とオリーブオイルを皿に入れて、パンをつけて食べ食べ・・・

美味しい~☆

 

そして↓これはチリコンカンのラザニア(こんな名前じゃない。でも詳しい名前は覚えてない)

辛いの苦手だから頭に汗をかきながら食べましたよ~

美味しかった。でも、外も暑いのに、無駄に暑くなってしまった。

 

そして最後は、姉が頼んだカツレツの鶏バージョン!(やっぱり名前は不明・・・)

鶏しつこくなくて、美味しい!!鶏に下味がついててちゃんと塩がきいてる。パサパサしないし、油(肉汁)も出てた!

しつこいかと思ったけど、意外にいけるね。

こっちの方が美味しいかも。

 

ここで、少しアピールしたいんですが、食べ物の写真を撮る時は

「下からなめるように撮るといいよ」と知り合いのカメラマンさんに教えてもらったので、実践。

 

でも、難しい。何しろ、食べ物と自分の距離が近い。

ここにアップしてないけど、微妙な写真を沢山撮ってしまった。

残念ながらアップしている写真は全て、姉が撮ったものです。

 

私にはあまりセンスがないのか。

どちらかというと、「犬目線」的な・・・

 

修行が大事ですね。

 

そして、「パンが美味しい」から行ったとか言って、全然パン食べてません。

ということで、また今度行ってみましょう!

そしてパンを買ってみましょう!

スポンサーリンク

無印週間で早速インナーを買いました

今日から無印週間が始まりましたね。

 

何も欲しいものがなくてもこの期間に何かを買わなくてはいけない気にさせられるのはなぜでしょうか。

基本、ベーシックなものが揃っているので無印では服もよく買いますが最近の気温の変化もあるので何を着たらいいのか、何を買ったらいいのかがまだ決められないままずるずる過ごしてるんですね・・・

 

昨日くらいからだいぶ暖かくなってきた気がしたのでインナーを長袖から半袖に変えようかと思い買ってみました。

 

「オーガニックコットンフライス 

フレンチスリーブ2枚組」

 

本当はガーゼ素材のものの方が好きなんですが、そういった素材がないため(前に買った気がするんですが)今回はコットンで。

 

春にはちょうどよい厚さの生地かな、て。

 

「フレンチスリーブ」もお気に入り♡

最近は腕が気になってきたので着てないですが、好きなんです。

脇汗対策はあんまりできないんですがね。

ほどよくぴったりしてて、下着も響かなそうだし、丈も短すぎず、ちょうどいい感じなので買ってよかったですね。

 

あと、もう1つ気になったのがあったんです!

コレ!ポリプロピレン蓋つきマグカップ

 

お弁当食べる時にいつもお味噌汁をコンビニで買って飲んでいるんですが、自分で簡易みそみたいなの持って行ってお湯を入れるだけで飲める方が節約になるしいいかと思い蓋つきのマグカップをずっと探していたので一瞬「あった!」てテンションが上がったんですが、この蓋・・・しっかりはまらないんです。被せておくだけの蓋なんです。

私としては持ち歩きの衛生面を考えて蓋がしっかりしまるマグカップが欲しかったので断念。被せるだけの蓋に一体なんの意味があるんだろう・・・お昼はせいぜい1時間。冷めるの防止で蓋被せる間に飲んじゃいなよ・・・なんて考えてしまいました・・・

蓋がしまるタイプのものって大体ステンレスの重たい作りのマグカップばかりだから一瞬すごい嬉しかったのに。大きさもちょうどよかったんですよ!!

 

まあ、でも、久しぶりに無印に行ったら新しい商品なんかも目にしたので定期的に見に行かなきゃ!ていう気分にさせられましたね。

もしかしたら、蓋しまる商品が出てくるかもしれないし・・・

 

スポンサーリンク

 

 

今さらだけどDlifeで観た海外ドラマ「BONES(ボーンズ)」が面白い理由

今さら、なんて書きましたがファイナルシーズンは2017年だったんですね。そんなに今さらじゃないかも・・・でも長いことやってるからな。

 

テンペランス・ブレナンという女性法人類学者が殺人事件の被害者の「骨」から事件を解決するというのがメインなんですが、FBI捜査官のシーリー・ブースといいコンビなんです。基本1話完結ですが、メインキャラクター達のドラマが特に面白い!

殺人事件の、しかも骨の鑑定になりますから、気持ちのいい映像ではないし、正直そういうのは本当に好きじゃない。それ系は見ないようにしてますし。

でも、これは最初の遺体発見の場面はなるべく目をそらして、それ以降を楽しんで観てました。

スポンサーリンク

【ボーンズの魅力】

・登場人物が全員魅力的

ブースから「ボーンズ」と呼ばれている主人公のブレナンはジェファソニアン研究所(アメリカで最高峰の法医学研究所らしいです)で働いているんですが、まずそこで一緒に働いている同僚たちがともかく個性的で面白いんです。常々、頭のいい人って面白いと思ってたけど、それがすごく肯定的に、且つ魅力的に描かれています。

例えば、興味が向く対象が予想しないものだったり、対象のものに対しての集中力がものすごかったり。自分だったら思い付きもしない考えを聞くと「面白い!」てなりません?まさしくそんな楽しさがあるんです。ブースに「スクインツ」なんて呼ばれているそんな科学者達以外にも、ブレナンの親友でアーティストでもあるアンジェラやジュリアン検事といった魅力的な人達が多いですね。

 

・恋愛もあり

登場人物同士の恋愛や結婚多いです。でも、普通に面白いし、いいです。

ブレナンとブースは夫婦になりますが、恋愛に発展するまでや、かと思うといきなり子供を持って、家族になり・・・。お互いに複雑な家庭環境の中で育ち、性格から何まで全く違う二人が少しずつ近づいて、相手に寄り添い、自分自身まで変わっていく過程は素敵です。

【結局ね・・・】

このドラマは事件の解明ももちろん面白いんですが、人間ドラマが一番の魅力なんだと思います。

ブレナンは他人の気持ちがわかりずらい(たぶん発達障害があるんでしょうか)。わからないことを彼女は理解しています。でもそれに引け目を感じていません。でも、思いやりがないかというとそうでもない。

他のスクインツも一般社会では変わり物とみなされる。でも、繊細な部分もあって、劣等感を持っている人もいたり、純粋な人もいて、陰謀論に夢中な謎な人もいる。

このドラマを観ていて一番思ったのは「個性的でもいいんじゃないか」ということ。それゆえの悩みももちろんあるけど、でもそれを忘れてしまう時があるほど自分の好きなことに夢中でいれば自分も満足だし、それが時に自分を救ってくれたり、自分の内側を豊かにしてくれる。そんな自分を理解してくれる人だっている。

そういういい面が押し出された面白いドラマでした。

 

 

「面白い」なんて、なんて陳腐な言葉と思いながらも、ボキャブラリーがないからこうとしか言えないよ・・・

 

 

春~桜の塩漬け~

 桜の塩漬け茶です。

まだ寒いと思っていたところに、写真の桜の塩漬けをいただいて「もう春が来るのか!?」とハッとしました。

開花云々の前に花粉症があるためここ20年以上、純粋に桜を楽しんだことがないんですが、花粉症は発症してから30年経つと治ると聞いたんです。最初は怪しい情報だと思ったんですが、年々症状が軽くなっている気がするし、知り合いの方が30年以上過ぎたから治ったと言っていたのを思い出し、桜の開花もやや楽しみになってきました。

桜というと色々思い出しますが、坂口安吾の小説が特に印象に残ってまして。

学生の頃、彼の「桜の森の満開の下」(何篇か入っていたような???)という話を読んだんですが、内容はほとんど覚えていないのに「桜の木の下には死体が埋まっている」ということだけ覚えているんです。

正直、その時は気味が悪い話だ、ぐらいにしか思えなかったんですが、美しいものとおどろおどろしいものはなんとも合うものだな、と、そして美しさと不気味さが増して余計怖いわ!と感じたのを覚えてます。

それからしばらくは公園の桜を見かけると根本の地面を見ては「あるかもしれない」などと考えていました。(あったら困ると今はわかりますし、それがメインな話でもなかったです💦)

大人になってからももう一度読み直す勇気はないんですが、さっき調べたら映画にもなっているみたいですね。

スポンサーリンク

 

今年の手帳(ややバレットジャーナル?)

去年はバレットジャーナル✨を使っていました。

自分の使いたいように作るというのが魅力で始めましたが、途中で書き足していくのが面倒になったため、今年は無印のA5ルーズリーフ(罫線なし)にスケジュールなどをネットから探してプリントアウトし、たまに自分で書きたい項目(欲しいものリストとか)はバレットジャーナル風に手書きで追加して使い始めました。

 

バインダーは無印のA5バインダーを使用。とてもシンプルです。

ちょっとバインダーが大きくて小さいバッグの時には入らないのが残念ですが。

カレンダーは海外の方のサイトから無料のものをダウンロード。

(一番下にサイト載せておきました)

 

ハビットトラッカー(Habit  Tracker)

習慣トラッカーですね。

習慣にしたいことを書き出し、毎日できたかどうかチェックするんです。

こんな感じ⇓

 

ご覧の通り、左の欄に習慣にしたい項目を書き出し、一番上は日付。できた場合には左と上が交わる□をマーカーなどで塗りつぶします。

結構いいです、これ。習慣化しようと思ってもなかなかできないけど、文字で目にすると「あ、やらなきゃ」て。なんでも視覚化することって大事ですよね。特に目標とか。

一日に何度か目にするのでその度に実行したり、心に留めたり。

これも海外のサイトからダウンロードしました。無料です。

 

新しいスケジュール帳を用意して書き込む、あのわけのわからないワクワク感がもう2カ月も前のことになると思うと、改めて今年を楽しみ尽くさなくては、という気持ちになります。

 

スポンサーリンク

ちなみに、今年のカレンダーはこちらのサイトを利用させていただきました。

Free Printable 2018 Calendar