朝は白湯でデトックス

朝起きて一番最初に口にするのは白湯です。

朝は腸の動きを促進するためにも冷たい水を飲むのがいいという話も聞きますが、私は白湯。

夏も白湯。(たまに無理してます)

 

冷え性改善のために・・・

きっかけは、そう、冷え性をなんとかしたかった。

思えば、冷え性に悩んでいたというよりは生理痛がひどくて、少しでも軽減したくて調べたら原因の一つに冷え性があったというわけです。

冷え性対策にお湯を飲む程度に考えていましたが、白湯にはデトックス効果や消化機能を活発にするなどの効果があるようです。さらに、白湯の沸かし方や飲み方のポイントもありました!簡単にご紹介します。

 

スポンサーリンク

*白湯を作るポイント

①電気ではなく火を使って沸かし、15分程沸騰させて煮詰める(やかんに水はいっぱい入れる)。

②カルキを飛ばし空気をとり込むためにふたはしない。

*飲む!!でもね・・・

ごくごく飲まない。ていうか、飲めない。

 すすりながらゆっくり飲む。

②朝昼晩、150mlほどを湯飲み茶わんで飲む。

 

アーユルヴェーダや中医学では1/2に煮つめた白湯は「便秘の薬」、1/4に煮つめた白湯は「万能薬」と言われている。

「女性ホルモン整えレッスン」神藤多喜子著より引用。

 

白湯は当然熱いので飲める温度になるまで冷ましてから飲みます。

 

続けてみた結果

冷え性は大分改善しました。ただ、白湯のお陰かどうかはわかりません。(健康マニアで色々試しているもんで)

白湯を飲んでいると温かいのはもちろんですが、リセットされるような感じがあるんです。

普段、味のないものを口にする機会って少ないと思うんです。水とか味のないものは苦手、ていう方、たまにいますよね。

味がないものをゆっくりと飲んでいる感覚が余分なものを流す感じがして、朝のぼーとする時間に欠かせなくなりました。

 

 

温かいものが体の中を流れている感覚があるから、そこに意識がいって、軽い瞑想になる。何も考えないで一転集中という感じが。

リセットっていう感覚かな。

朝日を浴びながら飲むのも目が覚める感じで気持ちがいいし、雨の日に雨音を聞きながら妙に落ち着く感覚でずるずる飲むのもまたいいんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください