本「奇跡の人」原田マハ~感想・ネタバレあり~

これはまさしく「ヘレン・ケラー」を日本を舞台に、というか、日本人に置き換えて著されたフィクションです。

 

ヘレン・ケラーは子供の時に読んだことがあり、内容というよりは本の挿絵を覚えている程度。

他には「ガラスの仮面」で主人公のマヤがアユミ様とダブルキャストで演じたものを覚えてるくらいですね。

あの、生まれたばかりの子羊のようにユラユラしながらマヤ演じるヘレン・ケラーが発した「ウ、ウ、ウォーター・・・」ていうやつです(これ、わかる人はわかってくれるはず!)

 

なので、多少はわかっている内容かと思い軽く読み進めてみたら最初から結構引き込まれましたね。

 

舞台が日本の弘前ということ、時代が伊藤博文が出てくる明治時代ということ、この2つは大きいです。

西洋の波に呑まれぬよう、欧米に追いつくよう、明治維新後、日本という国は大きく変わった時代でありました。

それでもまだまだ人々の考え方や家のあり方、生き方が固まっている時代であったと思います。

 

そんな時代に、欧米で教育を受けた去場安(サリバアン)が「見えず、聞こえず、話せず」という三重苦のわずか6歳の少女、介良れん(ケラレン)に教育をするために弘前を訪れます。

 

なんというか、最初から切なかった。

 

れんは男爵令嬢という名家の子女で、1歳になるかならないかの時に高熱を出し、そこから目が見えなくなり、耳も聞こえなくなります。

言葉を覚える前だったので、しつけはおろか人として必要なことが一切わかりません。そのため、獣のような振る舞いをし、3歳からは一人、蔵に閉じ込められたまま生活をしているのです。

 

物心つく前から暗闇と無音の世界ではしょうがない、と思ってしまいましたね。

でも、悲しいのが、家名を重んじる時代でしたので、まだまだ幼い少女が一人蔵の中で生活をさせられるだけでなく、使用人からは周りにわからないように虐待までされていたんですね。

 

私にも姪がいるので6歳がまだまだ母親を必要とする年齢だということがよくわかるので、その気持ちを思うと苦しくなるほどでした。

 

れんが病気になった時に、母親が懸命に看病をし、そのためにれんは「生き永らえてしまった」と母親も父親に責められ、娘に会うことも許されません。いっそ娘と一緒に死にたいと思うも、家名を汚すことになるとそれもできない。これも時代でしょうか。

 

安はれんの中に可能性を見出し、信じ、熱心に教育を行います。

 

最初に教えたのは「イエス・ノー」。

物事にはやっていいことと悪いことをまず教えます。

やり方はお腹がすいているれんに握り飯を持っていくんですが、空腹のため乱暴に奪い取ろうとすると渡さずにれんの手を安の顔に持っていき「イヤイヤ」と首をふる。何度もされるとれんは考えます。

れんは賢い子なのでしょう。すぐにその意味について考え、手を差し出してみます。すると安が「うんうん」と首を縦に振りうなずき、握り飯がもらえるんです。

 

「そうやってやるんだ~」て驚きました。

だって、それが分かると感情のままに動くのではなく、考えるようになりますから。ここまでは、犬のしつけと同じような感じですが、この一歩が大きなとっかかりですよね。

何かで読んだんですが、「人間を人間たらしめているのは、理性である」と。正しくそうだと思います。ただ、その理性を持つには教育が不可欠なんだと、それも改めて感じました。

 

ここから色々な人との関わりがあり、事件があり、れんと安の物語は続いていくのですが、その一つ一つは二人にとって厳しい試練でもありますが思いやりや愛情といったものに満ちています。

 

安とれんの物語の終盤で、れんに大きな変化が訪れます。

れんは高熱を出す前に「水」という言葉を理解し、話したそうなんです。

そこでれんが喉を渇いた合図をした際に安は「みず」とれんの手につづって水差しを渡すんですが、れんはそれを安の頭からかけます。ただ、そこで安は何かを思い、れんを井戸に連れて行き、ポンプから出した水でびしょぬれにします。

するとれんの目が輝きだし、「みず」と言葉を発するのです。

 

ここ、一瞬、軽く読み流してしまって、もう一度読んで意味を考えてたんです。

安はれんに物の名前などを教えることはできたんですが、れんが「物の名前だと認識しているかどうか」はわからなかったんです。

でも、ここでれんは病気になる前に認識した感覚を思い出したのでしょうか。それが今までの安の教えたことと繋がり、「水」という言葉が出たのではないかと。

 

それは大きな大きな変化でしょう。私も胸がいっぱいになりました。

最初から最後まで、ただいい話ではなく、切ないです。

時代のせいもある。人の性というのも見える。

それでも、また読みたくなる本だと思います。

 

この本はおススメです。

映画「ウェディング・テーブル」感想※ネタバレあり

「ウェディング・テーブル」

2017年 アメリカ

監督:ジェフリー・ブリッツ

出演:アナ・ケンドリック、レイヤ・メイヤーズ

 

【あらすじ】

新郎新婦から最も遠い席「19番テーブル」は、花嫁の母親曰く「結婚祝いのプレゼントを贈ったら式には出席しなくていい人」という括りの席。

そこに集められた人々は多少変わり者であったり、何か事情があるといった感じ。

その中でも大いに問題がありそうなのが花嫁フランシーの親友で花嫁介添え人になるはずだったエロイーズ。彼女はフランシーの兄であるテディと付き合っていたが別れたために、19番テーブルに追いやられてしまう。

フランシーを純粋にお祝いしたいと出席するも新しい彼女といちゃつくテディを前に冷静ではいられない。

スポンサーリンク

 

【感想】※ネタバレあり

本編は1時間30程度かな?

すごくよかった。

ありがちといえばありがちなまとめ方だけど、テディとエロイーズに関して予想が外れた・・・

 

19番テーブルに集められたのはフランシーの乳母をしていた「ナニー・ジョー」、フランシーの従妹の「ウォルター」、フランシーの父親の友達の息子の「レンゾ」(遠いな!)、新郎の父親の同業者である「ビーナとジェリー夫婦」、そしてフランシーの親友の「エロイーズ」。

 

物語はエロイーズを中心に動くんですが、その他のメンバーの事情も少しずつわかってくる。

 

ナニー・ジョーは80過ぎくらいかな?独身のまま年をとり、結婚式の時点で病に侵されて余命は1年ないくらい。多分、乳母という仕事に誇りを持ってきたけれど、どこかで報われない諦めというか寂しさ、そして後悔も感じる。

 

レンゾは10代の少年。父親を早くに亡くし、母親と二人きりだけどお涙ちょうだいな感じではない。ともかく彼女が欲しくて間違ったアプローチばかりで女の子に引かれてる。対する母親も携帯で微妙な指示を出してくる謎な親子。

 

ウォルターは最初、精神科に入院しているのか?と思ったけど、実はフランシーの父親から金を盗み服役していた。今は更生施設に入所中。ただ、ウォルターはすごく頭がいいみたいでその上、これはフォローにはならないけど優しい性格。友達に騙されてお金を横領したんだけど、これも友達が困っていると思ったから。

 

そして最後のビニーとジェリー夫婦はダイナーを経営している50代くらいの夫婦。この人達はまともなのかと思ったけど、やはり問題を抱えてる。ビニーは今回、不倫相手に会うために結婚式に出席していたんですね。

そんなに問題あるのか?と思ったけど、ジェリーに「自分が愛したビニーは不倫をするような女じゃなかった」て言われて、ビニーも言い返すんです。ジェリーには「自分は変わってない」て言われて一見正論なんだけど、ビニーは「昔は愛されていると思ってた」て言うんです。

ジェリーは本をよく読んでいるんですが、推理が好き。会話がちょっと意地悪。斜め斜めな感じ。

あくまで推測だけど、ジェリーは確かに不倫なんてしていない。けど、ビニーと真正面から見て「話をする」ことをしてこなかったんじゃないか、て。

なんか、そういうのって一人でいる以上に寂しく感じることってあると思うから。

 

 

話の中心になるエロイーズですが、最初はこんなチャラい男となんで?て思ったんです。

エロイーズと付き合う前の元カノとまた付き合ってイチャイチャしてて頭悪そうな感じで、全然惹かれた理由がわからない、て。

それで、テディに見せつけるために偶然知り合ったイケメンな男性といい感じになったりするんです。

これで、新しい恋か?て単純に思ってしまった。

 

だって、映画だから。ありえないロマンスはつきものでしょう?

 

でも違った。エロイーズはテディの子を妊娠していたんですね。

それに気付いたナニー・ジョー。19番テーブルメンバー全員でテディを責めるんですが、ここでまた新しい事実が発覚。

 

テディはエロイーズを本当に愛していたのです。テディは自分を知っている。ちょっとおバカなところも知っている。だから、エロイーズが自分には値しない女性だということ。子供ができればきっと子供にも自分はバカにされるとエロイーズが思っているということも。だから彼はエロイーズに妊娠の話をされた時に「どうしたい?」て聞いたんですね。

彼女を失いたくないから。

彼女を失望させ続け、自分自身にも失望し続ける人生なんて耐えられないと。

 

でも、この「どうしたい?」に当然エロイーズは切れたんですね。当然です。周りが反対している時にこそ唯一彼にだけは味方でいて欲しいのにその彼が「どうしたい?」ですからね。

ただ、この時の彼女の「ろくでもない父親になる」という言葉にテディはショックを受けたんですね。

 

お互いにちゃんと話せなかったんです。テディは「やっと言えた」と。そりゃあ言えない内容ですよね。

 

私も元カレに「蔑むのやめて」て言われてショックだった。

 

気を取り直して、私、ここでテディってもしかしていい人?て思ったんです!!

 

そして色々ありまして、結論言うと二人はよりを戻します。

エロイーズは彼に言うんです。「自分も失敗をする。でも、彼にしか失望したくないし、自分も彼にしか失望されたくない。」と。

 

お互いに許し合うことを約束し、元に戻るんです。

 

最後に少しだけ、その後の内容がでるんですが、やっぱりちょっと抜けてるテディだけど、エロイーズはテディのしてくれたことに感謝をし、テディのことを褒めます。テディもまた、失望させたという感じでもなく、間違いを謝り、そしてエロイーズに感謝をします。

 

ここが大事なのかなぁ、て。

夫婦に限らず、関係が近くなればなるほど不思議に人ってもっともっと、て求めるようになる気がするんです。

本当ならその存在が大事なものになればなるほど感謝をするべきなのかもしれないのに。

 

簡単なようで難しい・・・

でも、

いい映画でした☆

 

秋保温泉「岩沼屋」に泊まってみた【感想】

土日を利用して温泉に行ってきました。

 

秋保温泉の「岩沼屋」。

 

「佐勘」も好きなんですが。

 

随分前に行ったきりで久しぶり。10年以上ぶりかなぁ。

 

楽しかったです!

スポンサーリンク

個人的な岩沼屋の評価

温泉・・・普通

それほど大きくないんですね。そして、あの規模の宿ならもう少し大きくてもいいんではないかと思いました。一泊目の夜の女湯はもしかしたら私が見つけられなかっただけかもしれないけど、露天風呂がなかったと思うんです。

翌日、男湯と女湯が入れ替わった後に入った女湯に入ってみて、ちょっと差があるのではないかと思いましたね。

 

食事・・・豪華(まぁまぁ美味しい)

ともかく量が多かった。お刺身も美味しかった。

朝食も豪華な三段重(重箱じゃないですけど)のような感じになってて素敵でした。

また、部屋食ではなかったので食事をするところまで行くんですが、そこがそれぞれ個室になってまして、子供がいてもあまり周りを気にせずゆっくりご飯が食べられたのでよかったです。

 

ただ、仙台牛のしゃぶしゃぶを食べる時、「お湯が沸騰したら具を入れてください」と言われたんですが待てど暮らせど一向に沸かない。火が小さくなっているのが怖くて早めに投入してなんとか食べられたんですが、家族が言われた通りに待っていて、結局火が消えた後に肉を入れたのはいいですがもちろん火が通らず血で赤くなったお湯の中でプカプカ浮いている肉がすごく怖かった。

 

施設・・・新しくはないけど、ほどほどに清潔でした。

細かいようですが、客室についているお風呂のバスマットがちょっときれいじゃなかった。白いのは避けた方がいいな、て。汚れが目立つ上に、ちょっとの汚れですごく不潔感が出る。

 

接客・・・基本的に皆さん、感じがよかったです。

 

朝風呂も入れたけど、チェックインが遅かったのであまり宿の周りを楽しんだりというのはできなかったのが残念。

しかも、すごく疲れてて全然写真撮れなかった。

 

ちなみに、帰りは秋保名物の「さいちのおはぎ」を買って帰りました。

これは絶対買わなくてはいけませんからね!

 

暑い時期の温泉もよかったです~。

おススメ☆