NO MUSIC , NO LIFE なんつって

「音楽がなければ生きられない」てことはないと思うんですよ。

でも、音楽がなければ魂は死んでしまいそう、とは思うんですよね。あれ?結局生きられないのか?

 

生活のいたるところで音楽かけてます。

起きて身支度する時、通勤途中、休憩などの気分転換したい時、車の運転中、お風呂中・・・

すごい!ほとんど音ばっかり!

 

たまに無音で過ごしたくなる時があるけど、そういう時以外はほとんど聴いてるかな?

 

使っているのはほとんどiPhoneかiPad。

 

というか、すごく使えるんだけど一番の理由はプライムミュージックのアプリを入れてから。

姉がプライム会員になっていて、おまけ?でプライムミュージックを使っていたのを知って私も入ったんです!

 

アマゾンプライムを簡単にご説明しましょう。

 

プラン:①年間プラン3,900円(税込)②月間プラン400円(税込)

内容:配送特典、Prime Video、Prime Music、プライムフォト(これ知らなかった)、Prime Reading等のデジタル特典を追加料金なしで使える会員制プログラム。

 

他の特典についてもすごく使ってますが、とりあえず音楽について。

 

iPhoneとiPad両方にアプリを入れて使っているんですが、すごく便利。音楽聴き放題で、日本のアーティストは聴けないのとかあるんですが、色んなジャンルを網羅しており、アーティストごとやアルバムごとで聴くことができるし、誰かが編集したテーマに沿ったプレイリストなんかもあります。(プレイリストもよく聴きます。新しい発見のために)

 

ストリーミングで聴くんですが、スマホのデータ容量越してしまうとたまに遅くなる時があるので、「これ好き!」ていう音楽はWi-Fiつないでダウンロードしたりしてオフラインでも聴けるようにします。

 

使い分けしてまして、

iPhoneは移動、iPadは自宅。iPadはキッチンとはリビングに置いて音楽聴きながらごはん作ったり、団らんしたり。テレビ観ながらよりはいいですね。(ていうか、最近地上波は全く見ないから)

iPhoneは車に乗る時にBluetoothをつないで聴いたりしてます。

 

もちろん無料で聴き放題はいいんですが、一番よかったと思うのが自分の好きな音楽の幅が広がったこと!(ここ重要!)

 

今まで聴くことのなかった色んなジャンルの音楽を聴いて「こういうの好きかも」て思ったりするのってちょっとした感動なんです。普通に思ってるんです。「なんだかジャカジャカした曲だな。でも、なんだろ?この感覚?」みたいな。

いい歳になって、大分自分の好き嫌いがわかってきて、若干固定化されてるとは思うんです。でも、新しい発見や感動っていいですよ。

 

これだけでもおススメな理由になります。

 

 

あと、大事なのがスピーカー。

当然ですが、音が全然違いますからね。

 

でも、全然音の違いとか分からないからこれについてはよくわかりません!だから書きません!ていうか、書けません!

ただ、私としては小さなものが使えると思います(え?そこ?て自分でも思ってます)。

 

最初は出張にも持っていけるからいいかな、とか思ったけど実際自分が泊まるのはビジホなわけで音が漏れることを考えると全然使わないんですよ。

でも、家の中でどこにでも持っていけるからやっぱり小さいので正解だな、と。はい、これだけの理由です。でも、利便性大事だから。

 

 

生きていくのに必須ではないけど、音楽がないと感動がなくなる。そう思うと生きていく楽しみがなくなるし、時には逃げる場所がなくなるとも感じると思う。

 

やっぱり NO  MUSIC,NO    LIFE は当たってます。(今更ですが・・・)

なんだか癒される~花のある暮らし

お花を飾ってみました🌸(ピンぼけですがポンコツ写真家なんでご容赦ください)

 

自分で好きな花を選んで買う時もあれば、ブーケになっているものを買ってそのまま生ける時もあります。やっぱりプロが作っているだけあってキレイなんで。

 

小さい時から花が好きでしたが、以前、仕事でイライラしていた時になんの気なしに花を買ってみたんです。

 

イライラしている時って怒りの対象に集中しているんですね。それ以外考えられない。でも、花をジーと見ていたら、無心になっていたのでしょうか。イライラがやや治まっており、冷静に考えられるようになっていました。

 

その他にも花を飾っていると飾っている場所をキレイにしたくなってくるんですね。「キレイな場所でいさせてあげたい」なんて思うんですよ。私も人の子だから。

 

だから自然と部屋を片づけたり、掃除をするようになる。

意識を向けるのって大事ですね。

 

その他にも花を飾ることは風水的にもいいらしいです。

 

恋愛運:南東にピンクの切り花を飾る(南東は恋愛運を司る場所)

 

家庭運:リビングや食卓などに常にお花を飾っておうちの気を活性化させる

 

おすすめは「旬の花」を飾ること。

「旬の花」は開運パワーが強いらしいです。

今だとカーネーションやスイートピー、ガーベラもかわいいですよね。

 

風水で運気を上げる助けをしてもらいつつ、心を穏やかにしていられるといいですよね。

 

色々言いましたが、結局、私が花を飾る理由は「キレイだから」これに尽きると思います。

 

ちなみに、この写真は姪が飾った花です。

 

上から見るとそれなりにかわいく生けられているように見えますが、横から見るとほとんど花瓶のみ。

 

最初は母が飾ったんだと思って「なんだコレ?上から見る限定で飾っているのか・・・?」なんて斬新過ぎて笑ってしまったんですが、花が好きな姪の仕業でした。

 

散歩をしていると落ちた花も拾ってきては「キレイだね」なんて言って持って帰るので少々困るんですが、花をキレイだと思える心を持っているのは素晴らしいことだと思ってしまう私は叔母バカです。

 

ただやっぱり、自分自身も花に目を向けられるだけの心の余裕は持っていたいなぁ、とは思うんですよね。

「あなたのままで奇跡を起こす!思考選びの実験」感想

「あなたのままで奇跡を起こす!思考選びの実験」

             著:都築まきこ

 

実は私はアマゾンプライムに入っているんですが、プライム会員無料で読める電子書籍になってたので軽い気持ちで読んでみました。

 

引き寄せ系は大好きです。

「でした」かな?

不思議なものが大好きなんです。

 

でも、楽しくないのに無理して幸せな気持ちを保つことができず挫折してたので、なんでこの本を手にとったのかわかりません。

 

が!!これ、ちょっとよくある引き寄せ本とは違うと感じました。

 

基本的に、「望む未来」に向かうことは同じなんだけど、そのイメージとか、それに伴う感情の持ち方のHow Toじゃないんです。

 

一言で言うと「受け入れやすい」

 

どこかで読んだ引き寄せ本の「人というのは思い通りにはなっていないが、思っている通りにはなっている」ていう感じの言葉を思い出しました。

 

この本で言っていることもポジティブがいいとか、ネガティブがダメとかそういう単純な話じゃないんです。

 

じゃあ何かというと、人にはよく癖がありますよね。

思考も同じで癖があるというんです。

楽観的にとらえる癖がある人がポジティブ思考、悲観的に捉える癖がある人がネガティブ思考というだけなんです。

 

これ、私としてはストンと腹に落ちたというか。

例えば、私、基本的に自分に自信がないんです。仕事でもなんでも自信がない。だから褒められても本気にしない。仕事で評価されても信じない、絶対に。(何?この人怖いんですけど)

 

「自信がないから」ていう理由なんて、たぶんどうでもいい。

常にこの思考は疲れるんですね。

そしてこの思考は決していい結果を引き寄せない。

でも、確かに、これ「癖」なんですよ。無意識にそう考えちゃう。

 

そこでこの本では思考の癖を変えよう、というか意識的に選ぼう、と言っているんですね。

 

1.まずは自分自身が「望む未来」を確認する

例えば、彼氏とうまくやっていきたいとか・・・

 

2.そうなるための思考はどんなの?複数あげる。

【彼氏からラインの返事が来ない場合】

いつもの思考:

「浮気でもしているのかも?」とか「私に飽きたのかも」

 

「彼氏とうまくやっていきたい」に向かう思考:

「忙しいから返事ができないだけで後で返事をくれる」

 

※いつもの思考なら彼に対して嫌な態度をとったりしてしまう可能性もあるが、もう一つの思考なら彼を労う言葉が出たり、穏やかに待っていられる。

 

恋愛で例えましたが、こんな感じ。

それぞれの思考のその先の結果まで想像できません?

きっと違うんじゃないか、て。

 

この「思考を選ぶ」って仕事でもなんでも使えるな、て。

望む未来を考え、思考を選んでいると一呼吸おけるからすごく冷静になれるんですよ。

 

全然冷静になれない時もあるけど、大体大丈夫。

 

本には他にも具体的な思考の例や、ちょっと難しくてわからない(心理的に?)こともあったけど、概ねいい本だと思いました。

 

無駄に感謝の気持ちを持て、て言わないところがすごくいい。