ツヤ肌の効果~途中経過~

きっかけは「いいことがあるといいな」という軽い気持ちから「肌にツヤを出す」という方法を試してみたわけですが、結果はどうかというと・・・

まだわかりません。すみません💦

1カ月経たない程度でしょうか、始めてから。

具体的にどうということはわからないんですが、今現在感じる効果というと「楽しい」かな。

女性はキレイにすると(私、実は女性なんですが)気分が上がると思うんです。それは一般的に考えて。

まず、スキンケアの時点で丁寧にするようになりましたし、自分の肌の状態をよく見るようになりました。「今日はどうかな?くすんでないかな?」「かさついたところはないかな?」などです。

これまでは多少やっつけ仕事や義務になっていた感はあったのかもしれません。

でも、ツヤをだすために、スキンケアに気をつかえばやはり肌はこたえてくれるので調子はいい⇒嬉しい⇒楽しんでスキンケアをする⇒最初に戻って繰り返し・・・

という感じでしょうか。

そうすると自然と食事も気をつけるようになりました。「野菜足りてないな」とか「お菓子じゃなくてヨーグルトとっておこうかな」てな感じです。不思議だ。

オイルを使った即効性のあるツヤだしは気持ちが萎える前に上げてくれていい循環を生み出してくれています。実際、鏡を見る機会が増えました。前と違って、つやつやしてキレイだから。

実は、ちょうど始めた頃ですね、家族で旅行に行った時の写真を見て、自分のあまりの不幸顔にショックを受けたんです。なんか、肌に生気がないんです。くすんでる気がするし、かさついてて。それも後押してして、なんとか「変えたい!」と思いましたね。て、今、思い出しました。

だから、「いいことがおきる」「幸せになる」とはまだ言い切れませんが、途中経過としては確かに「幸せな気持ちにはなっている」と言えます。

それと気付いたのが、意外に自分のことを粗末に扱ってたのかな、てことです。スキンケア一つにしても、この季節、寒いし乾燥するし、痒くなったり過酷なのに全面に出て頑張ってくれている自分の肌を「やらなかったら面倒なことになる」程度にしかケアをしてこなかったこと。メイクにしても自分をキレイにしたい、見せたい、という気持ちも欠けてたな、て。

そういう意味でもアラフォーのこの時点で気付けてよかったな、て思いますね。

 

スポンサーリンク