機嫌よくいる方法

いつも幸せな気持ちでいたいし、楽しい気分でいたい、て思うのに一瞬で嫌な気分になることがありますよね。

特に、気分屋の人や機嫌の悪い人を相手にするとすごく疲れる。

 

機嫌の悪さってうつるんですよ。

ビクビクして、相手の機嫌伺っていたり、相手が考えていることを想像しているうちに疲れちゃうし、そのうち腹が立ってくる。

もちろん、その人に対して「勘弁してよ~」てなるのが大半ですが、引きずられる自分にも少しがっかり。

 

ある程度、ビクビクしたり機嫌をとったりしてるとふと思いません?

「バカバカしい」て。

 

そんな時はこの言葉を心の中で唱えます。

「相手と同じ土俵に上がらない」

 

これは、教えてもらった言葉です。

真剣に受け止めると腹が立ったりショックだったりすることも、少し斜めから笑える視点で探すと腹が立たないんですよね~。意図しない人もいれば、わざわざ嫌な気にさせようとする人も残念なことにいるものです。そういう時には相手とは全然違うところを見ます!(実際、私の目は明後日の方向を見てます)

これで気持ちの切り替えも早くなりましたね。

 

あと、機嫌が悪い人の相手をしなくてはいけない時。

最近は気付かないふりをするようにしてます

「空気を読む」て必要な時もあるけど、こういう時はあえて「空気を読まない」ということを心掛けます。「絶対読まない!」ていう勢い。

 

すっごく威圧的な人にも気付かないふりであえて淡々と話します。

でも、そっけない態度をとるわけではないんです。

特に仕事の時にはこの方法を使います。

仕事では好き嫌いは言えないですからね。

 

いうなれば「心を置かない」て感じですかね。

プラスの感情もマイナスの感情も大きさがすごく関係すると思うんです。マイナスの感情が大きくなると自分の手に負えなくなるから、心を少し外すんです。それは相手に冷たくするということでもなくて、よい気持ちも悪い気持ちもなにも持たないような感覚なので、相手に特別に腹を立てられることもないんですよ。

心を置かないでやるべきことに集中するという感じですか。

そうしているうちに事は終わるんですね~(たまに魂も飛んでますけど)

 

一番嫌なのが、「この人のせいで嫌な気分にさせられた」と感じるとすごい嫌がらせを受けている気になること。

 

これが、何十年もかかって得た、私の心の平安を守る方法の一つになっています☆

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください