映画「幸せなひとりぼっち」ネタバレあり

2015年スウェーデン

監督:ハンネス・ホルム

出演:ロルフ・ラスゴード

 

あらすじ

妻をなくした中年男性のオーヴェは自分が住む住宅地の違法駐車やゴミの分別、環境美化に厳しく、ちょっと?大分偏屈なおじいさん。

会社でリストラに遭ったのがきっかけになったのか首吊り自殺を図ります。そんな時、下手くそな運転で目の前の通りを車が通るのを窓から見かけますが、そこは通行禁止。見逃せずに一旦中止して怒鳴りにいきます。

その後、気を取り直して何度も自殺を試みますがそのたびに隣に引っ越してきた隣人(上記車の持ち主)家族に邪魔をされてうまくいきません。

嫌さを隠さずご近所と付き合うオーヴェでしたが、彼自身も変わっていきます。

スポンサーリンク

感想(※ネタバレします)

最初は偏屈なおじいさんってほんとにイヤだなぁ~、程度で観てました。

ただ、妻のお墓に何度も足を運ぶ姿を見てきっと愛情深い人ではあるのか?とは思ったんですが。

 

隣人の女性(イラン人のパネヴァネ)と交流を持つようになったのは彼女の旦那がケガをしたため、彼女に車の運転を教えることになったからでした。

そこから彼女の二人の小さな娘達とも不器用に交流をしていくようになるのです。

ある時、路上で運転の練習を始めたはパネヴァネは後ろの車のクラクションの音で動転し、バックをして後のくるまにぶつけてしまいます。

そこで助手席にいたオーヴェは車から降り、後ろの車にキレて「次にクラクションを鳴らしたら殺してやる」なんて物騒なことを言います。彼女にもややキレながら「2回の出産に耐え、今度は3回目(妊娠中なんです、彼女)。イランの戦場からここまでたどり着き新しい言葉を学びダメ男と結婚した。運転くらいなんでもない。」と。冷静さを取り戻した彼女は車を進ませます。

ここからですかね。本当の意味で交流ができてくるのが。

オーヴェの人柄の良さがすごく出てる。

オーヴェの過去

オーヴェは幼いころに母親を亡くし、無口だけれども誠実で勤勉な父親と二人暮らしを始めます。そんな父親との共通の会話は父の愛車のサーブ。

ですが、そんな父親もオーヴェが青年になった時分に不慮の事故により亡くなります。

父親が亡くなったことにより働かなくてはいけなくなったオーヴェは亡き父の職場で働くことになります。

そして、また悲しい出来事がおこります。

火事になった隣人の家から飛び火し、父親と住んでいた家が燃え落ちてしまうのです。折しも当時の建築基準に沿っていないという理由でオーヴェは立ち退きを迫られていました。

家をなくしたオーヴェは列車に乗り、眠り込んでしまいます。目を覚ますと目の前には美しい女性。その女性はオーヴェの乗車券を代わりに払ってくれるのです。彼女に会うためにいつも同じ時間の列車にのりますがなかなか会えません。やっと3週間後に会ってお金を返そうとしますが、女性から食事に誘って、と言われます。

見栄をはって軍に勤めているというオーヴェですが、食事の早い段階で彼女に本当のことを話します。

オーヴェが自身の注文をしない理由を聞いた彼女に答える形で。

本当は自分は列車の清掃員であること。

他に食事を頼まないのは彼女が好きなものを注文できるように。

また、家がないことも正直に話します。

 

そこまで話して席を立ち、帰ろうとした彼をつかまえて彼女はキスをします。

それが後に最愛の妻となる、ソーニャでした。

ソーニャの勧めで資格をとり、それを機に結婚をした二人。

幸せなひと時を過ごします。

 

その後、念願の妊娠をしたソーニャですが、出産前にオーヴェと出かけた旅行の最中にバスの事故に遭い、赤ちゃんは流れ、ソーニャは車椅子の生活となります。

学校の教師になるという長年の夢を諦めず彼女は無事卒業を果たします。採用試験を受け続けるソーニャですが、なかなかうまくいきません。理由は車椅子だから。

 

そんな時、オーヴェはただ怒ってました。それはもう、全てのものにでしょうね。

事故の責任をとらせようとあらゆるところに訴えたり、ソーニャを不採用にした学校に直談判に行ったり。

 

絶望している彼を、状況を変えたのはソーニャの一言でした。

「今を必死に生きるのよ」

それから彼は学校に車いす用のスロープを作り、ソーニャは採用されます。

問題のある子どもたちのクラスを担当したのですが、ソーニャは生徒の可能性を信じ、大勢の前での朗読まで成功させるに至ったのです。

彼女は子供たちのために戦いました。自分は失ったのに。

 

そして、半年前にガンで亡くなったソーニャにオーヴェは後を追うと約束していたのでした。

 

 

最後に、オーヴェの自殺は成功しません。

彼は心臓の病気で亡くなります。

眠りながら。

 

でも、最期に、オーヴェはただの偏屈な人ではなく愛してくれる人達に囲まれ、受け入れられていました。

そしてね、きっと何度も自殺に失敗したのはソーニャの仕業だと思うのです。

生きて欲しかったんじゃないかな、て。

人って歳をとると偏屈になったり、頑固になったりすると思うんです。悲しいかな、そんな傾向は多かれ少なかれあると思う。その人のいいところを覆い隠してしまうような。

 

でも、無理やりではあったけれど、周りの人と交流して、オーヴェの本来のいいところが理解され、顔も柔らかくなってた。

ラストで列車の中で目を覚ましたオーヴェの目の前には若き日のように、けれど、年老いたソーニャが微笑んで座っていました。

ソーニャは自分が死んだ後もオーヴェに一生懸命生きて欲しかったんじゃないか、て。与えられた命を精一杯生きて欲しかったんじゃないか、て。

 

切なくて、でもところどころ笑えて、すごくいい映画でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください