仕事がつらい時

仕事はやめるべき時と続ける方がいい時があると、個人的には思ってます。

私は就職氷河期の時代でして、内定がもらえないまま卒業しました。ただ、困ったことにその当時はそれほど真剣には考えてませんでしたが、やっぱり新卒で入社しておいたほうよかったと今は思います。わからないものとして基本を教えてもらえるし、社会の仕組みを知ることができるので。

その後、契約社員や派遣などで働いていましたが、やめる理由はいつも「嫌なことがあって」辞めていました。

でも、20代の真ん中を過ぎた頃から「嫌でやめるのはもうやめよう」と思ったんです。

「嫌」ていろいろあるけど、原因を相手に求めることが私が考える「嫌」てこと。自分の中に出た時はただの辞め時かな、て。

「嫌」を簡単に言うと、「不満」でしょうか。

例えば、「仕事がつまらない」とか「この仕事は好きじゃないし苦手だからやりたくない」とか「上司が働かない」とか。

反対に辞め時かな、と考えた時というのは「就業時間が長いからしんどい」とか「通勤時間が長くてつらい」とか「仕事が忙しくて周りにもあたって自分のことを嫌いになりかけてる時」とか。反対に、やりたいことなどがはっきり見えている時ですね。

これ、前半部分、甘えてるように思えますが元々体力がなくて疲れやすい自分には「拘束時間が長い」や「通勤時間が長い」といった仕事は合わなかったんだ、と後々考えました。これは自分が今まで働いてきて一番優先するのが「休み」といったことだと気付いて分かったことではありますが。

転職を繰り返してわかったことは不満をもって嫌でやめても同じことの繰り返しということ。何かしら不満を見つけてそれに向き合うことなく次に行くから一見違った理由のようでも同じように不満に思ってやめる。

でもね、会社環境がブラックとか、職場にいじめがあるなんて話ならすぐにやめるべきです。

人間関係に悩むことはどこでだってある。でも程度を越しているならそこから逃げ出さなきゃいけないんです。

心がすり減って冷静に考えられなくなって自分のことを軽んじるようになるから。

自分て大事なんですよね。家族や周りの人が自分を思ってくれるということは、自分は自分個人のもののようで自分だけのものじゃないんだと温かさを感じます。でもそれとは別にたとえ周りの人と繋がりを感じなくても、むしろ感じなければ余計に自分の味方を自分だけはしてあげなくてはいけないと思うから。

自分をダメだと思うことほどつらいことってないんですよね。

人がつける傷より自分でつける傷はずっと残っているので。

 

だから、少し仕事行きたくない、なんて何度も頭をよぎった時には徹底的に考えてました。「これは不満なんだろうか?それとも?」て。

ただ、仕事の「大変さ」を乗り越えると、前回の辛さがなんでもないことに思える程度に自分の成長を感じさせてくれたのは大きな財産だと今も思います。

やめるべき、続けるべきとは一概に言えないけど、これまでの時間で自分の中の一つの目安はできていたんだな、と思いますね。そのお陰で大分楽に生きられるようになったのかな。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.