ノートに書いて心の整理~イライラした時や不安な時~

いつも楽しい気持ちでいたいし、家族にも機嫌よく接したい、て思っていてもイライラしていたり、心配事があったりして不安な時ってありますよね。まさしくこのブログのテーマですよ。

自分がイライラすれば周りも嫌な気持ちになる。なんていったって、不機嫌は伝染する!

これ、斎藤一人さんの話でもあって「わかる!」て思ったんです。

不機嫌な相手の機嫌をとってる間に自分まで不機嫌になってしまう、て。これ、すごく共感しました。まぁ、自分がされていることには敏感だけど、自分がしていることもあるんですよね・・・

なるべく愚痴を言いたくないから自分で処理したい、この気持ち!ていう時、私はノートに書きます。

名付けて「デスノート」です。

誰か特定の人に対する愚痴や文句の時もあるけど(怖っ)、自分の本当の気持ちを確認するために書いてることの方が最近は多くなりました。

誰かへの愚痴っていうのも、これをされて自分はこう思った、てな感じで。これを書くと、「私、こう言われて傷ついたんだな」とか「あの時、こう思ってたんだ」とか改めて自分の感情に気付かされることが多いものです。結果、相手に冷静に気持ちを話せたり、次から同じようなことがあったらこうしよう、ていう対処ができるようになったのでデスノートも決して悪いものでもないとフォローさせてください。

良くないのは、本当は思ってることがあるのにそれを無視すること。気持ちとしては無視というより、見てみないふりをする、て感じかな。向き合えば見たくないものを見る必要がでることもあるし、中途半端に向き合うと余計に混乱するので。

大人になって楽になったな、と思うのは真正面から向き合うだけではなく、避けることや逃げることもできるようになったことです。でも、それが行き過ぎると自分の本当の気持ちや望んでいることがわからなくなることなんですよね。

そんな時って、自分の足場がフラフラした感じになって決断に自信がなくなってくる。だから、気持ちが下がっている時にとことん原因を書き出してみたり、どう思ってるのかを再確認します。

対処法や解決策まで書き出せることもありますが、余裕がない時って書きたくないんです。だから「私、こう思ってたんだな」と認めてあげるだけで心が楽になります。

お陰で100均のノートから雑貨屋さんに文房具屋、果ては海外に行った時にまでかわいいノートを探してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.