スキンケアにオイルを使ってツヤ美肌

最近、ツヤ肌にはまっているんです。

きっかけは斉藤一人さんのお弟子さんの本で「顔にツヤを出すと幸せになる」という言葉。

不思議なもので、「幸せ」になる方法で外せない「心の持ち方(感謝とか)」というのは覚えていること自体が難しいうえにできているかどうかの評価もまた自分次第。この評価が甘い人ってそもそも「幸せ」なんて意識していないポジティブな人だと思う。

でも、「顔にツヤを出す」て方法はすごくわかりやすい!

元々、肌はマットよりもツヤ肌が好きだったんだけど、最近はメイクも新しいことをしなくなってたし、何よりときめきがなくなってた気がする。キレイになる、ていうときめきですね。

まずはスキンケアからと思い試してみました。

①朝夜の洗顔後、濡れた顔にオイルを塗る

②化粧水後はいつもニベアのクリームを塗ってましたが、そこにオイルを数滴足し、まぜまぜしてお顔に。

感想は、すごくいい!

スキンケア終了後のお肌はツヤツヤ。まあ、オイルだからテカってるともいえますけど、それでいいんです!ものすごい乾燥肌の私にとってはそれくらいだと潤いを感じるので。(オイリー肌の人はどうかわかりません。なぜなら、私は油分も足りてないので。)

あとはもう一つどうでもいいことだけど、お風呂あがった時、乾燥するからいつも一番最初にスキンケアをしてたんですがが、オイルで潤いの膜ができているので髪を乾かしてから化粧水を塗ることができるようになった!(頭冷えるとすぐ風邪ひく私にとっては重要!)

使ったオイルはクナイプオイル。

ローズの香りで、最初はちょっと香りがきついかな、と思ったけど慣れてみればなんだか落ち着く香りになってました。

ローズは女性ホルモンにもいい、ていうしね。

スキンケアが終わった後の顔を見てなんだか気分が上がった。

やっぱりカサカサ肌よりツヤツヤ肌の方が幸せそうだし、若々しく見えてキレイだな、と久々にワクワクしましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.