勉強が続けられるコツがある『「1日30分」を続けなさい!』感想

「1日30分を続けなさい!人生勝利の勉強法55」

               古市 幸雄

 

一言で言って、本当に実践的な本です。

具体的にどうしたらいいかの方法が書かれています。

一部ご紹介。

 

なにはなくとも、まずは動機づけ

「将来なりたい自分をイメージする」

これが大事なんですね。

例えば、英語を勉強しようと思った場合、ただ漠然とやろうと思ったら何をどのように勉強したらいいかわからないんですよ。

これ、私のこと。

話せるようになればいいな、程度に思ってても、どういうシチュエーションでどの程度話せるのかなどがわからないと何から手を付けたらいいのかわからない。

だから、勉強はするけど、若干受験英語みたいになって話せない・・・

これが、ホームステイした時の話。

 

でも、「ハワイに行った時に困らない程度に話したい」と思った時、会話を中心に勉強をしたんです。ある意味丸暗記だったけど。でも、覚えているシチュエーションでは話せたんですよ。頭に残ってるから相手の話も理解できた。

これは話を簡単にしすぎてるけど・・・多分、意味合いとしはそんなに間違ってないと思う!

 

本書では「そのイメージに近づくために何をしなくてはいけないのか」と書いてあります。

これ、ブレイクダウンですよね。

 

効果的な勉強法

脳科学に基づいた勉強方法が紹介されています。

例えば、海馬という短期記憶を司る脳の働きに着目し、ある項目を定期的に反復学習をするというのがあります。

脳には「長期記憶」と「短期記憶」があることはよく知られていると思います。

 

海馬には記憶の情報の重要性を判断するという働きもあるのですが、ここで繰り返しが必要になるのです。

「繰り返し情報が入ってくる」=「重要である」

という判断になり、「長期記憶」の働きを担う側頭葉という場所に保管されるのです。

 

そこで、定期的に繰り返し勉強すると効率よく覚えられるんですね。

 

長時間勉強をし続けない

他の本でも読んだことがあるんですが、人間の集中力には限りがあり、個人差はありますが大抵の人は1時間ももたないんですね。

本書では、

「30分勉強して15分休憩をとる」

これを1セットとして、「2~3セット繰り返す」ことを薦めてます。

集中力が途切れて勉強が嫌になる前に一旦休憩を入れることがコツだそうです。

なので、集中力が落ちたな、とか飽きたと感じ始めたら勉強は中止した方がいいんですね。

 

この他の後半部分ですが、「効率的な英語の勉強方法」についても書かれています。

これ、本気で英語をものにしたいと思われる方は是非一度読んでいただくのをおススメします。

方法は具体的で、すぐに取り組めるものばかり。

そこに、どうしてそれがいい方法なのかを知って納得した上で取り組むことでより効果がでる本だと思いました。

 

「勉強したいと思ってるけど、なかなか続かない」という人や、「イマイチ、コツがつかめい」という人にもいいです。

意識高い系じゃない人にこそいい!!

特に、著者の古市氏がなぜ勉強することを薦めるのかを読んでいただきたいです!

 

 

ちなみに私はプライム会員なのでKindleで無料で読んじゃいました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください